今一つ突き抜けないわけで

安いけど、安くは売らないよw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/ (--)--:-- | スポンサー広告 | CM:(-) | TB:(-) |

じぇいえむしーから、帰ってきました。

ご縁をいただき、今年もJMC東京展示会に行きました。
行きました、というより、何から何までお世話になってしまった、特別な年となりました。
ありがとうございます。
ほんとうに。

さて、主催のハセガワさんに敬意を表して、
会場発表は、
1/20ロータス79
1/72 F-35

1/32 Bf109F-4 Trop マルセイユ
1/72 F-16I
1/144 エンブラエル
1/72 Ju188E

でした。
72のF-35?という 疑問符よりもむしろ、会場で語られた
「組み易さへの一体化」という回答を示したハセガワさんの自信
への、興味です。
ぼくは、ナナニというスケールは、コレクションスケールへと回帰可能と思っています。
いや、むしろそうするべきな、相転移の時期が来てるんじゃないか、と。

価格と、ディティールがある関係となりまた、
細分化ではなく、ディティールのごとく成型可能であるのなら、
そうすること+そう組む構造
で、ディティール違いのバリエーションを勘案しつつ、
コレクションスケールとして充実、安価が可能ではないか、
と、思うのです。

アイマス機で企画をキックオフするあたり、
なかなか面白いことになってきている、と思えます。






マシーネラとしては、
RIMG2481.jpg
この勢いで皆が打ち返して行った、
「( ̄ー ̄)ニヤリ!」感ですよ。

しかしそれより早く強く
RIMG2486.jpg
こうRIMG2485.jpg
打ち返してくる
RIMG2483.jpg
パワーに負けてはいられない
はずRIMG2484.jpg

とゆーわけで、
来年の静岡は、
ルナダイバー祭りだ、とハセガワ様担当の方に
大々的に宣言しちゃいましたから。

ねー、トライアングルマシーネン部の皆様♪(こんなときばかり)




今年も賞取り、まるで毎年のごとく
RIMG2473.jpg
なかむらさん
RIMG2492.jpg


アルファさん
RIMG2491.jpg
おめでとうございます

トライアングル航空機マフィアの中では、
トップチームの中のお二人だと思うのですが
あれだけ多くの作品の中から、賞として注目に値する存在である
ことを、毎年示す
というのはただ事じゃないんじゃないか、
もっと評価されるべき、
と、思ったりします。
おめでとうございます。

JMC参加作品については、もろもろで拝見されるでしょうから、
ぼく的にいろいろ思ったもの。

つや消し仕上げが増えました。
銀仕上げが減りました。

去年については、明らかに仕上げに
アルミ貼りや、そのほかのシルバー
という、トレンドを感じましたが
今年は、そうでもありません。
しかし、模索か、と言われればまだ違う気もします。

JMCでは、現用機で注目されるのは難しい、となかむらさんは感じておられるようです。
ハイビジマーキングをしても、大戦機のほうが「場」では評価されやすい気がする、と
F-14と、F-8のかなりの出品を見ましたが、
出品数の割には、上賞の数が少ないのでは?と。

酒本さんのグロウラー
RIMG2476.jpg
実戦配備がすでに始まっていることを、
知らなかったくらい、現用機にうとくなっているわたしですが
カコイイ

公試さんのF-5
RIMG2479.jpg
去年のF-1のクオリティを、48に転写した、というより
F-5というモチーフに、注ぎ込むことで、モチーフとのマッチングをはかっていった。
それがこの仕上がりなのだろう、と。
こちらはマスターズ賞受賞作品です。
おめでとうございます。

作品として立って行くということでは
こちらのアプローチが非情に面白い。
RIMG2489.jpg
架空機ではありますが、
「SFとしてのアプローチ」「当該作品世界とのマッチング」
で、ありそうなものを
「見せる場に応じた、クオリティ」で「工作疲れなく」
RIMG2490.jpg
ってところで、なるほど、と。

ぼく的には、マシーネンでこうありたいのです。


去年の新製品
零観RIMG2487.jpg
は、この作品のほかに、もう一つが、
主翼折りたたみで受賞されています。

二つのうちのこちらを撮影したのは、
工作ではなく、表現、というのを思いながら作品を見始めたからでした。


他にも多くの作品があり、それらの作品の一つ一つをみながら、
いろいろと感じるものがありました。

今年は「勝ち負け」という
モデラー界隈では、あまり好かれない表現を使いました。

「同じモチーフを作りつつ、こうすることに至らなかったことは、わたしの負けだと感じた」
と、です。

だから、また静岡で、また来年に、会いましょう、と思うのです。 和尚様には何から何までお世話になって、感謝の言葉もございません。
本当にありがとうございます。
和尚様にお引き合わせいただいた、ということ一つで、出会いが広がったか、と思うとただ感謝するばかりです。
ありがとうございます。

中田さん、和田さん、国分さん、本当に楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとうございます。

ええ、やはりトロンボーンのおねいちゃんで決まりです。

「実物の航空機への何らかの思いがあって、そこへ肉薄するものを作り上げようとしているのならば」
「形の完成を保障され、またそれを見ることのできる、キットという体裁から一度踏み出してみる体験も、一度あると、知見が広がる」
「素材から作る体験を知ると、キットを素材としてみて、そこから還元した処理が可能なはずだ」
「ジェラルミンで、羽布貼りで、あるいはリブ構造で作られた実物への肉薄という立ち位置からならば、そうやって形作られたものが、どのように素材として、実物に組み込まれたかを、見取ってゆくことができる」
「そうやって見取ったものを、パーツを素材として見直して、作るとき、再現されるべきものが見えてくるのではないか」
「たとえば、それは、薄さであり、たとえばそれは、均等な幅の維持であり、たとえばそれは、金型の限界を超えた、エッジの立ち方であり、そのエッジの立ちかたを保った、組み立てであり、塗装であり、そこへ向かってゆく作り方ではないか」

などと、書いては見ましたが、それが答えとか、教えとか、そういったものではなくて、
それは、自分で作るときの仕様であって、その仕様を自ら求めるからこそ、そのように作るのだ、
とゆーお話。

を、されたわけではなくて、
そのように考えたわけです。

考えたのなら、答えもおのずから
「現れる」のだろう。

と、言うのが、先輩との真摯な付き合いの一歩であり、
ゆえにこそ、ある態度をもって、接するということになるのではないか、

という示しなのだ、と今年は、深く深く思うのです。

だから「君は?」などとは問われないのです。
そう思うのなら?
と、問われません。

問うとしたら、それを見た側の、
きらり、と光るということ。
気づきというか、
喚起される内的性質というか、
そういうものかもしれません。

ライトスタッフとは言わないけれど。

いや、他人事みたいなこと言ってられないけど。
関連記事
11/09/ (月)00:20 | 模型の日々CM:(2)TB:(0)
毎年JMCではいろいろ考えさせえられますね。
どんな表現が受けるのか。
ってのが、今年なんとなく分ってきた気がします。

工作だけがすばらしくても、
塗装だけがすばらしくても、
その両方がすばらしくても、
どういうことを表現したかが明確でないとダメなんだなぁと。
単品、ジオラマ関係なくね。

JMCじゃないと見えてこないことってあると思う。
ただ見るだけじゃなく、自分の作品をだして見えてくることもね。
だから、出してみない?

来年はどうすっかなぁ~
私は隔年参加ってことにしようかな?
2009/11/09(月) 01:17:08 | URL | なかむら #-[ 編集]
なかむらさんこんばんわ。

怒られそうだけど、言っちゃおうっかなー
和尚様のレッドバロンがすばらしく良いね、という話が出たとき、
ぼくは我慢できずに差し出がましく、例会で出た話をしちゃいました。
リヒトホーフェンの人となりや、陸軍における兵隊の扱いに対する
リヒトホーフェンの考え方などを、読み込まれた上で作られたという話。

おお、やはりそういうふうに、現してゆこうという背景があるのですねー
とゆー話になりました。

何を表現してゆくか、というレスポンスを受けて、思い出したのです。
とゆーか、ぼくは静岡の「展示会」でも毎年、敗北感とともに帰ってきているので、
「コンテスト」などに出せませんよw

工作も塗装も仕上げも人並み以下なのですからw

とゆーわけで、 勝負が出来る人は、来年も参加してくださいw
2009/11/09(月) 18:59:23 | URL | Mach0.9 #SFo5/nok[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://mach09.blog7.fc2.com/tb.php/914-eb838658

更新情報

勝手に取得しております 申し訳ございません。

リンク

Pickup Link!(サムネイル付き)

るーぷあんてなのヒコーキ工場
BaseURL

RLM23 デリシャス☆白桃さん
BaseURL

只今調理中! もでりんぐ割烹タン
BaseURL

Garage Seven & Half Ver.B  あるばさん
BaseURL

吸血 北欧 砂漠 しょぼんぬさん
BaseURL

1/72 RAF & FAA KIT REVIEW Mk.III  AVRO牧師様
BaseURL

参成堂・明後日に向かって撃て!  参成堂さんのブログ
BaseURL

超音速備忘録 kala-pattarさん 失礼いたしました。
BaseURL

High Rate Climb JWさん
BaseURL

帰ってきたキタキツネの模型工作日誌
BaseURL

天気晴朗なれど 高○さん
BaseURL

Ebisulog.net ゑびすどんさん
BaseURL

航空機スクラップブック 大石さん
BaseURL

N_Style Nagaokaさんのサイト
BaseURL

ぷらも道 なかむらさんのサイト
BaseURL

S.Rod Blog 「Are you having a good time?」
BaseURL

taki箱 takiさんのサイト
BaseURL

ましーねんおじさんのいろいろ
BaseURL

KWATのほおむぺえじ一号一型
BaseURL

72・ワールド ぷらもおじさんさんのホームページ
BaseURL

なまこ日記(仮) ようちうたんお疲れ様です。
BaseURL

ジャーマンホビードラ
BaseURL

下北沢 サニー
BaseURL

ホビーハウス コンドー
BaseURL

ピンバイス
BaseURL

四谷仙波堂
BaseURL

ハイパーの新着
BaseURL

キヤホビー
BaseURL

MSモデル
BaseURL

サイマルラジオ
BaseURL

ブログロール
BaseURL

jetphotos.net
BaseURL

planepictures.net
BaseURL

タグクラウドとサーチ


最近の写真(アイコン風)

まとめプラグインv2

カテゴリ、をクリックしていただくと、 カテゴリが表示されます

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

当たり前か><

ブログ成分分析

今一つ突き抜けないわけでの成分分析

真・最近のコメントV1.5

記事ナビ

  • 百烈貼り手 (08/14)
  • 塗装したことはどうやらうpしてたらしい。この後ちまちまと汚したり垂直尾翼を接着したりテイルコーンを接着したり、こまごましたことをしてたんだわ。で、デカール。いや
  • とにかく、書いておこう (08/02)
  • いやあ、ホントに間を置いてしまう。実際にはちまちまちまちま作ってるんだよ。どこまでうpしたっけ?このへん?実はここまで到達したのはじめて。っていうかこれまでアイ
  • ノットミッションコンプリート (07/16)
  • いやあ、SNSはやはり手軽だ。便利だとは言わないwいや、便利だと思うことは思う。SNSとスマホでウェブにうpする、っつーとこまではかなり楽なんだが、これを後日利用する
  • 曲がった性根のヒンジイズム (06/01)
  • 前回の続き。結構苦労してる。80年代末だっけ、90年代になってからだっけ、このキット。ともあれ、その時代っぽく、あわせで困惑していたり。機銃カバー部も微妙に幅が狭い
  • マジカルナンバー48 (05/29)
  • 思うところあって、トライマスター/ドラゴンの48の48の48のフォッケを作ってるんですよ。で、今までだったら試行錯誤を全部見せないではい、排気管作りました、とかうpし
  • 静岡を通り過ぎちゃったぜ。 (05/15)
  • うん。このブログをはじめて初めてだな。静岡前に記事を書かず、静岡に行って帰ってきたなんてwで、行ってきちゃったんだ。ことしもK2Cさんのお世話になりました。あと、@
  • 光陰矢のごとしいやん (04/18)
  • いやほんとに。例年なら、こんなフェイズは3月とかなんだが、もう四月も半ば過ぎ。というか、まだ静岡に行けるかどうかは決まってないw実際この辺りまでは、正月あたりで
  • 聞こうか敵情を (03/14)
  • 実はノモンハン事件をめぐる情勢に興味がある。だから92式重装甲車なんてものに狂喜したんだ。あれは第一次事件で東捜索隊が使用してた。だからファインがノモンハンと銘打
  • 馴染みの弧 (03/10)
  • ドーザーブレーがドの自作が馴染の工作になるとか、割と変わってるとは思う。もっとも、このブログを始める以前から、変わってないものなど求めてはいなかったけれどw&
  • 道は自ら押し開く。 (03/07)
  • 久々に工作。具体的なアイデアは今日、思いついたんだが、12/31の時点で目算があったからM51の工作を始めたわけで。行けるかどうかはわからないけれど、行く気を失ったわけ
  • 根詰めっぱなしもしんどいし (01/07)
  • もうずいぶん前、ひょっとしたら10年くらい前から、そのままだったイタレリHe111何にこだわってたかっていうと、ETCラックじゃなくて、PVCラックという魚雷を火薬射出する
  • 2016-2017年越しモデリング (12/31)
  • さて、今年も始めよう。この何年か、必ずAFV、それもアスカのシャーマンを作ってたんだが、塗り終えたあたりでいずれも止まっている。最終的には情景にしたいから、そして
  • 時の流れは矢のように速く (12/28)
  • 半年ぶりかな。まあ、一身上の都合が色々とあるもので。で、いや、いつもながらのローリングスタートで、これを本気でやるかどうかわからない。ただ32を作るとなると、リベ
  • 終わらぬ戦いは無い。 (06/19)
  • しかし、終わってしまうとたまらなく寂しく感じるものではある。勢いに乗って作り始めた地面一番苦労したのが、このコルクの固定というところがアレだ。しかし転んだなら石
  • もしもボックスなう (06/12)
  • もしもだよ?タミヤの新製品発表を見て、企画設計リサーチの人と話をして、あれが好き、これが出したい、でもそう簡単には行かないよね、なんてのを聞いて、さらに、その期
  • タミヤM10テストショット (05/29)
  • さて、あれから3週間。上げよう上げようと思いつつ、押され押されたタミヤのM10テストショットを製作体験会でいただいてきました。最初の画像がコレって、なんだろう? 砲
  • 月日は百代の旅人にしてフンダララ (05/25)
  • あれからもう2週間。静岡は一年の月日を経ねば行けないところにある。僕としてはその前後が超あわただしくて、まとめも糞もあったもんじゃなかったもんで、まあ、この為体
  • プリフライトチェック、ロスタイム (05/09)
  • 最後の週末のあと、月曜日はロスタイムだ。今週は忙しい。日曜のうちに搬送システムを構築しておいてよかった。デカールを貼って、キャノピのマスキングを取り、タッチアッ
  • 突き動かされ、歩きつづければ (05/08)
  • 目の前に、今こそ扉は開く。セダンの門、かなw模型ってのは、とにかく手を動かし続ければ、とにかくどこかへ向かって進んでゆく。それは手を掛けなければならないという強
  • 何も言わないでちょうだい、黙ってただ踊りましょう (05/07)
  • まだラストダンスではない。しかしまあ、とりあえずとはいえ、本当に完成するんだな。驚いちゃった。危急の翼、アルメデール1940 やっぱ自分テーマで作ると楽しい
ニー屋 腕時計 通販ショップ

C-Roll

Hilight_KW

検索ワードを黄色く表示します

なかのひと

パワードバイ「なかのひと」

なかのひと
なかのひと

RSSフィード

ブログ内検索

キター!

キター

plugin by F.B

CategoricTag

Yggdrasil

ネガティブな言葉

 

Presented by.球体関節寝子人形。

キョンの目覚まし時計

Page Selector

TOTAL Pages

最新記事スクロールで1行表示

タグ+カテゴリ クラウド

関連エントリーメーカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。