今一つ突き抜けないわけで

安いけど、安くは売らないよw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちっきしょー、なんでガチに作ってんだよw

どんだけガチかっていうと、小物を作り始めたんだが、ALQ-101がどーしょーもねえ形してる。
ハセガワのウェポンセットの中にあるから、調達してきたらタイプが違ってたw
腹立って自作だよw
馬鹿か、俺w
DSCN2079.jpg
でもよー、こうだぜ?
センターが自作右がパーツ、下がタイプの違う101、左が119 右下はイタレリジャギュアの101.これも似てないわけでどうすりゃw

まあ自作なんかしてるのは、パテ食わせて研ぐ行程が続いていて、パテが乾くまで待ってるからなんだが。
その間、すべきことがry いやそもそも模型なんかry

ひょっとしたら、本当に完成しちゃうかもしれない。
デカールを完全に紛失してしまったようで、困ってるんだがw
DSCN2077.jpg
メインの作業は傷消しで、捨て塗りをして、傷やたるみ(と僕が呼んでいる、パテ跡や瞬着盛りあと消し。
研ぎ終わってるから、画像はまるで変わってないけれど、実際にはパテ食わせたり、サフ塗ったりしてる。

サンペの粒度と削りやすい対象との間には関係があって、
今使ってる材料だと、透明瞬着パテだと#320~#600、フィニッシャーズの緑パテだと#400~#800、クレオス500番サフの筆塗りだと#600~#800がいい。
だから「サフを吹いては研ぎ」みたいな無駄は一切してない。
#180~#320くらいを使って形出しをしたあと、形出しの作業で生まれた傷やたるみを落とすために、捨て塗りして、傷とたるみを確認した後、処理粒度と僕が考えてる材料を使って順繰りに作業を進めてゆく。
形出しの補助には透明瞬着パテを使い、瞬着のたるみ取りにフィニッシャーズを使い、フィニッシャーズの粒度では大きすぎるあばたを消すのにクレオスを使う。クレオス終了時点で全体に#800まであたってることになる。
これとは別にクレオスの1200番サフも使ってるんだけど、むしろ塗装の時の下地作りように他の塗料と混ぜて使っている。

DSCN2075.jpg
一方通行ではなくて、筋彫りを直したりする。
ニードルの筋彫りは500サフで埋まるから、つまようじとかで塗って消して、新しく引き直す。
同じところに掘り直す場合は、透明瞬着パテじゃないと元線の影響でヨレてしまう。
カエリは#800で落とす。埋まったらニードルを寝かせてなぞって詰まりを取る。

下地塗りで埋まってるのが発見されたり、筋彫りミスに気づいたら、いつでも戻って工程を繰り返す、んだけど、ちょっとした埋まりならカッターで軽くなぞるだけでもいいらしい。そうするようになった。それは白井さんから聞いたこと。


この手の手法を書くのはたぶん5年ぶりくらい。
嫌な人らが見てるところで、自分の手の内を見せるのはやめとこうと思ったんだけど、いまや検索で来る人の方が多いみたいw
そういう人にあれこれあるわけじゃないし。
実際、標準工程の確立が出来れば、行程が劇的に楽になって、かつ見通しも良く効くようになるもの。


で、そろそろ本当に完成できそうで、それはそれでいいんだけど、完全にデカールを紛失してて、サイドコンソールに貼るものも、何にもないw
さてどうしようか。二個目買うの嫌だからw 外まわりのデカールを別売で探す方がいいのかな?

で、表面仕上げ。
捨て塗りして、研いで、パテ食わせて研いだところまで。
研ぐのが楽しいとか、筋彫りが好きとか、エアモデルに向いてる、というより
飛行機が好きだから、両方ともに意味を感じられて好きだ。

この作業が進むということはどういう事なのか、色々と察してほしい。

DSCN2073.jpg
もちろん、塗装直前なんてものではなく、まだコックピットも作ってないし、筋彫りも掘ってないし、くっついてないパーツも山ほどある。
DSCN2072.jpg
パイロンに吊ってるものがかなり足りないのが判ってるんで、そちらもこまごまと。
DSCN2071.jpg
自ら爆装しない、戦術機。
以下にも英軍らしい割り切りというか、
DSCN2070.jpg
湾岸ペア。
DSCN2074.jpg
しかしまあ、トーネードもこの状態のまま長いぞw
湾岸どころか、リビアにもタイフーンと一緒に攻撃に参加しちゃったよw

で、ちまちまと作業を進めてるわけですよ。
DSCN2068.jpg
だんだん方法論が劣化して、サベージみたいになってるw

パテ盛りと形だしとか、削りだしとか、表面処理とかって、実は全然頭使ってないので、ストレスたまってるときにはすごく癒されるんだわ。
絵と違って、形のライン出しって、けっこう力押だから、大事な工程ポイントとか、形状ポイントとか、あるんだけど
その気を使うポイントとポイントの間ってのは、力と時間が要る。その時間の分だけダラダラできるw
失敗してもやり直せばいいだけだし。

たとえば、今回もレドームのボリュームを変えて、後で気づいて長さを縮めるとか。
つまり形状を出し直したけど、今は、それがストレスにならないのさ。
ついでに250ガロンタンクを縮めたりw


全面的な表面処理をするために、筋彫りを始めたり。全処理したら、筋彫りの参照線が無くなっちゃうから。
例によって工具はおなじ。
あとはもう、捨て塗りと、サフ入り塗料の塗り、研ぎを繰り返してく、いつもの行程。
そうしながら小物を取り付けてゆく、と。

作ってる暇があるわけでもないんだがw
まあちょっと目的もあって、続けてみよう。

で、このバッカニア、スホイの後にスホイの方法論で作ろうと思ってたんだわ。
DSCN2065.jpg
Su-39は、震災の直前に完成してたんだわ。
まあSu-39は完成ってほどまで追い込んだわけでもない。

で、見落としてたんだけど、エンジンノズルがでかすぎるみたい。
あわててプラパイプを突っ込んで絞って削り込む
DSCN2066.jpg
そろそろ表面仕上げ。

ほいで、バッカニアをやってるんだけど、
DSCN2062.jpg
これも手を付けたのはずいぶんまえ。
地震前どこの話じゃないんじゃないか?
それはともかく、永久に完成しない作り方、と僕が言う形に持ち込んで、だらだらといじってたんだけど、

大激作展2014でこの作品を見て、ぬうう、と唸ったので、また引っ張り出して手を入れてたわけですよ。
DSCN1568.jpg
元キットがそんなに良くないのを知ってるから、
あれ、この精度でこのさりげなさでこの完成度はすごいなあとガン見してたら。
DSCN1569.jpg
実は中田さんが新製品当時にHJ誌でレビューしたものだったそうですw
DSCN1570.jpg
レビューでこれか、と思うと、そりゃ、通算何年、実作業時間は数か月でも、そりゃ思うところがあるでしょう、俺。


世界の傑作機No.122 ブラックバーン・バッカニア世界の傑作機No.122 ブラックバーン・バッカニア
(2007/05)
不明

商品詳細を見る

世傑も出てるし、おなじみ鳥養先生のBLCフラップについてのアレコレも読んでるし、

やっぱフラップダウンでしょう。
DSCN2063.jpg
実はこのキット、翼断面系があんまりよくなくて、削るとボーテックスジェネレータがなくなっちゃいそうだし。
中田さんは植えなおしたそうですが、そこまでするキットかry
みたいなところもあって、僕は養生して前縁を削ったくらいなんですが、
今となっては「植えなおしてもよかったかな」と思わないではなくw

BLCはフラップのみならず、水平尾翼からも行ってるので、
DSCN2064.jpg
まあ、こっちもw

でも本当はこれ、湾岸仕様にするつもりなんだぜ、俺。
ところでデカールはどこやったっけw

正月あけて

一身上の都合でryなのですが、
まあ、集中力が続かなくなったりもするわけですよ。

ほいで、水性化の続き、というより、もう一歩進んだこともテストしてみた。
DSCN2061.jpg

塗装皿のシリコン化。

以前、takiさんにうかがった、使い捨て醤油皿なんですが、割と激しく消費して、一機塗るのに20枚ワンパック使い果たしていたりしてたわけですよ。
(記事は08年。もう5年も前なんですねえ)
醤油皿、価格的には安いんですが、軽いのでぺなぺな動き回るのが欠点でした。ただ四角形なので、エアブラシに塗料を入れるのがすごくやりやすい。

あ、僕は筆塗りの時は陶製の絵皿を使ってます。
色に一枚、筆を湿らせるための溶剤入れに一枚、このほかに大量の溶剤を入れてある広口瓶を使っていて、乾燥の足の速い油性は、頻繁に筆湿らせの皿で拭っては、ウェスで不要なシンナー分を吸わせて塗ってました。

ただ陶製皿はエアブラシに塗料を入れる時、必ず垂れるんでw


で、醤油皿はかなり消耗するんで、買い忘れると塗装が進まないんですね。洗いやすくて、エアブラシに入れやすい容器を探していた。

で、見つけてきたのが、100均でも扱ってる、シリコン製の小皿なわけです。
お弁当箱に入れる奴ね。


まず対シンナー性なのだけれど、数日油性薄め液に漬け込んでも劣化しなかった。
問題なし。

柔らかくて癖はある。逆にそれ自体を変形させて注ぎやすい特性もある。

片づけは乾燥する前に溶剤で拭くと一発で取れる。それよりも水バケツに投げ込んだ方がよかったかしらん。

というわけで、気分転換に、あくまで気分転換に、ちまちまと塗ってたわけですよ。息抜きですよ、ええw

アクリジョンは色数が足りないから、全然使えてない。
タミヤアクリルは在来水性だから乾燥がやっぱ遅い。で、タミヤアクリルで筆でちまちまと。

ついでにいろんな道具を試してました。
Hi-Qさんちの容器、抜群にいいです。
模型用の各種容器に良く使われてる蓋径なので、最も重要なその蓋の部分を、いろんなところに使いまわせます。
つまり、間違わないわけですよ。
油性溶剤、水性薄め液、水性ツールクリーナー、蒸留水、水性艶消し、水性クリアー、いずれも容器そのものの形を違うものにして、便利な蓋はそのまま使う、と。
最近は立ち回り先で良く見かけるんで。

そうそう、町田にもB'sホビーが出来たのねん。
今まで鴨井のららぽに行ってたのが、近くなって楽になりましたわ。

一身上の都合で、こんなことしてる暇はないんだけど、
人間の集中力とかって、抑制されるとすぐなくなっちゃうのよ。
DSCN2056.jpg

もちろん、正常な判断力を持っていたら
ZAWAさん、ローンスターさんとこの、超絶コンバージョンパーツを買えばいい、僕もそのつもりだったんだけど、
ブチ切れてたもんでw

いや、ホントにZAWAさんとこのパーツはすごいのよ。実物を展示会で見たんだけど、ありゃ絶対に僕の技術じゃ真似できない。
これは買えばいいんだ。なんて良い時代だろう、と思ってたんだけど、今の僕は物狂いなんでw

しかもこのジャギュア、タミレリのやつだしw
タミレリが駄目ってんじゃなくて、ハセガワの持ってるにもかかわらず、タミレリで切り飛ばしたというか。

モデラーとしては二つのスタンスがあって、一つは「良いパーツは使う」で全く肯定するんだけど、
モデラーのもう一つのスタンスとしては、「より良いパーツを自分で作る」というのも保っておきたいのよ。
ZAWAさんのパーツはその目標、ベンチマークにするに足る品位と品質と品格がある。

下面のギャップドアどうしようかなあ(そんなことを考えてる暇ではない)


が、
DSCN2055_convert_20140109224039.jpg
イギリス湾岸三羽烏とかあるわけよw

更新情報

勝手に取得しております 申し訳ございません。

リンク

Pickup Link!(サムネイル付き)

るーぷあんてなのヒコーキ工場
BaseURL

RLM23 デリシャス☆白桃さん
BaseURL

只今調理中! もでりんぐ割烹タン
BaseURL

Garage Seven & Half Ver.B  あるばさん
BaseURL

吸血 北欧 砂漠 しょぼんぬさん
BaseURL

1/72 RAF & FAA KIT REVIEW Mk.III  AVRO牧師様
BaseURL

参成堂・明後日に向かって撃て!  参成堂さんのブログ
BaseURL

超音速備忘録 kala-pattarさん 失礼いたしました。
BaseURL

High Rate Climb JWさん
BaseURL

帰ってきたキタキツネの模型工作日誌
BaseURL

天気晴朗なれど 高○さん
BaseURL

Ebisulog.net ゑびすどんさん
BaseURL

航空機スクラップブック 大石さん
BaseURL

N_Style Nagaokaさんのサイト
BaseURL

ぷらも道 なかむらさんのサイト
BaseURL

S.Rod Blog 「Are you having a good time?」
BaseURL

taki箱 takiさんのサイト
BaseURL

ましーねんおじさんのいろいろ
BaseURL

KWATのほおむぺえじ一号一型
BaseURL

72・ワールド ぷらもおじさんさんのホームページ
BaseURL

なまこ日記(仮) ようちうたんお疲れ様です。
BaseURL

ジャーマンホビードラ
BaseURL

下北沢 サニー
BaseURL

ホビーハウス コンドー
BaseURL

ピンバイス
BaseURL

四谷仙波堂
BaseURL

ハイパーの新着
BaseURL

キヤホビー
BaseURL

MSモデル
BaseURL

サイマルラジオ
BaseURL

ブログロール
BaseURL

jetphotos.net
BaseURL

planepictures.net
BaseURL

タグクラウドとサーチ


最近の写真(アイコン風)

まとめプラグインv2

カテゴリ、をクリックしていただくと、 カテゴリが表示されます

12 | 2014/01 [GO]| 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

当たり前か><

ブログ成分分析

今一つ突き抜けないわけでの成分分析

真・最近のコメントV1.5

記事ナビ

  • 百烈貼り手 (08/14)
  • 塗装したことはどうやらうpしてたらしい。この後ちまちまと汚したり垂直尾翼を接着したりテイルコーンを接着したり、こまごましたことをしてたんだわ。で、デカール。いや
  • とにかく、書いておこう (08/02)
  • いやあ、ホントに間を置いてしまう。実際にはちまちまちまちま作ってるんだよ。どこまでうpしたっけ?このへん?実はここまで到達したのはじめて。っていうかこれまでアイ
  • ノットミッションコンプリート (07/16)
  • いやあ、SNSはやはり手軽だ。便利だとは言わないwいや、便利だと思うことは思う。SNSとスマホでウェブにうpする、っつーとこまではかなり楽なんだが、これを後日利用する
  • 曲がった性根のヒンジイズム (06/01)
  • 前回の続き。結構苦労してる。80年代末だっけ、90年代になってからだっけ、このキット。ともあれ、その時代っぽく、あわせで困惑していたり。機銃カバー部も微妙に幅が狭い
  • マジカルナンバー48 (05/29)
  • 思うところあって、トライマスター/ドラゴンの48の48の48のフォッケを作ってるんですよ。で、今までだったら試行錯誤を全部見せないではい、排気管作りました、とかうpし
  • 静岡を通り過ぎちゃったぜ。 (05/15)
  • うん。このブログをはじめて初めてだな。静岡前に記事を書かず、静岡に行って帰ってきたなんてwで、行ってきちゃったんだ。ことしもK2Cさんのお世話になりました。あと、@
  • 光陰矢のごとしいやん (04/18)
  • いやほんとに。例年なら、こんなフェイズは3月とかなんだが、もう四月も半ば過ぎ。というか、まだ静岡に行けるかどうかは決まってないw実際この辺りまでは、正月あたりで
  • 聞こうか敵情を (03/14)
  • 実はノモンハン事件をめぐる情勢に興味がある。だから92式重装甲車なんてものに狂喜したんだ。あれは第一次事件で東捜索隊が使用してた。だからファインがノモンハンと銘打
  • 馴染みの弧 (03/10)
  • ドーザーブレーがドの自作が馴染の工作になるとか、割と変わってるとは思う。もっとも、このブログを始める以前から、変わってないものなど求めてはいなかったけれどw&
  • 道は自ら押し開く。 (03/07)
  • 久々に工作。具体的なアイデアは今日、思いついたんだが、12/31の時点で目算があったからM51の工作を始めたわけで。行けるかどうかはわからないけれど、行く気を失ったわけ
  • 根詰めっぱなしもしんどいし (01/07)
  • もうずいぶん前、ひょっとしたら10年くらい前から、そのままだったイタレリHe111何にこだわってたかっていうと、ETCラックじゃなくて、PVCラックという魚雷を火薬射出する
  • 2016-2017年越しモデリング (12/31)
  • さて、今年も始めよう。この何年か、必ずAFV、それもアスカのシャーマンを作ってたんだが、塗り終えたあたりでいずれも止まっている。最終的には情景にしたいから、そして
  • 時の流れは矢のように速く (12/28)
  • 半年ぶりかな。まあ、一身上の都合が色々とあるもので。で、いや、いつもながらのローリングスタートで、これを本気でやるかどうかわからない。ただ32を作るとなると、リベ
  • 終わらぬ戦いは無い。 (06/19)
  • しかし、終わってしまうとたまらなく寂しく感じるものではある。勢いに乗って作り始めた地面一番苦労したのが、このコルクの固定というところがアレだ。しかし転んだなら石
  • もしもボックスなう (06/12)
  • もしもだよ?タミヤの新製品発表を見て、企画設計リサーチの人と話をして、あれが好き、これが出したい、でもそう簡単には行かないよね、なんてのを聞いて、さらに、その期
  • タミヤM10テストショット (05/29)
  • さて、あれから3週間。上げよう上げようと思いつつ、押され押されたタミヤのM10テストショットを製作体験会でいただいてきました。最初の画像がコレって、なんだろう? 砲
  • 月日は百代の旅人にしてフンダララ (05/25)
  • あれからもう2週間。静岡は一年の月日を経ねば行けないところにある。僕としてはその前後が超あわただしくて、まとめも糞もあったもんじゃなかったもんで、まあ、この為体
  • プリフライトチェック、ロスタイム (05/09)
  • 最後の週末のあと、月曜日はロスタイムだ。今週は忙しい。日曜のうちに搬送システムを構築しておいてよかった。デカールを貼って、キャノピのマスキングを取り、タッチアッ
  • 突き動かされ、歩きつづければ (05/08)
  • 目の前に、今こそ扉は開く。セダンの門、かなw模型ってのは、とにかく手を動かし続ければ、とにかくどこかへ向かって進んでゆく。それは手を掛けなければならないという強
  • 何も言わないでちょうだい、黙ってただ踊りましょう (05/07)
  • まだラストダンスではない。しかしまあ、とりあえずとはいえ、本当に完成するんだな。驚いちゃった。危急の翼、アルメデール1940 やっぱ自分テーマで作ると楽しい
ニー屋 腕時計 通販ショップ

C-Roll

Hilight_KW

検索ワードを黄色く表示します

なかのひと

パワードバイ「なかのひと」

なかのひと
なかのひと

RSSフィード

ブログ内検索

キター!

キター

plugin by F.B

CategoricTag

Yggdrasil

ネガティブな言葉

 

Presented by.球体関節寝子人形。

キョンの目覚まし時計

Page Selector

TOTAL Pages 1

最新記事スクロールで1行表示

タグ+カテゴリ クラウド

関連エントリーメーカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。