今一つ突き抜けないわけで

安いけど、安くは売らないよw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局あれよ、片付けよりも模型がry
何が大変だったって、左腕の上腕パーツを丸ごと紛失してしまい、なぜか余っていた透明グスタフのパーツで何とか作ったというあたり。
パーツを探すための片づけだったのかよry
RIMG0001_convert_20130224164436.jpg
で、パテ食わせてヤスリがけして、
さらに黒サフをキャノピに塗り込んで光止めしたんだけど、
ガイアの黒サフの臭いこと臭いこと。

ここの所水性化してたから、たまらんことたまらんこと。
そーゆーわけで、水性サフの開発を心から願うw
RIMG0002_convert_20130224164514.jpg
で、水性のミドルストーンをざらっと塗ってみてテンションアップ
RIMG0003_convert_20130224164546.jpg

ニーゼのイメージをどう導き出すか、得てゆくかっていうとこれだ。
PKAの地上戦闘専用パーツ組み込み機と比較すると、重装甲、機動性、充実した通信、補機が判るでしょう
RIMG0005_20130224175945.jpg
これたとえば、無人機とのリンケージアンテナをつけたとしても、無人機を上手くコントロールできるとは限らないってことなのよねん。
グッカーの「フリーゲハウベ」と比較しても、重装備っぷりが良くわかる。
装備の質は良く似ている。というか部分的にはおなじなんだけど、
グッカーとニーゼは大きく違う。
違うなら、同じ塗りをするのが俺クオリティ
RIMG0006_20130224175945.jpg
まあ、こういう遊びがしたかったんだよ。
こういう遊びができる場って減ったからねえ。

最後に全部を並べてみやう。
RIMG0007_20130224180018.jpg
並べて気付いたんだがノーマルグスタフがいないねw

そしてニットーグスタフは後二つ、それぞれに改造済みであるんだよw

RIMG0008_20130224183658.jpg
ほいで勢いのままに塗ってみたりして。
水性はいいね。模型文化の作りだした最良のものだよw

くにやんに見てもらったとき「グリーンスポットが筆置きっぱなしで良くない」と言われて、
理解はしたが、どうすればいい、という感じ。
でも時間をかけて塗るのに良い物なので、時間をかけて塗る

こんなものを作っている。
マシーネンだ。
WFで、マシーネンは疲れてて新しいものが国外から来ている状況だった。

ま、僕がやりたいのは、細かいネタだから、マシーネンシーン()とかかなりどうでもよくはある。
RIMG0608_20130223005649.jpg
左のはウェーブのケッツァーで特にどうということはないんだが、飛行想定ですでに完成同然
真ん中は「フリーゲのハッチを使わない」ニーゼ
右はおなじみPKA
RIMG0605_20130223005650.jpg

ニーゼの方は発作的に作り始めた。
RIMG0603_20130223010513.jpg
PKAのウィンドゥをベースに、両サイドに透明プラ板を当てて方をとりパテでならす。
RIMG0601_20130223010512.jpg
マモ本のスケッチのイメージ、というわけでもないw

パイロットが小さいので有名なメルジーネからちょっぱってきている。
左端が1/20のケッツァーのパイロット
RIMG0606_20130223005650.jpg
センターと右がメルジ改造。
ま、こんなもんでしょうw
RIMG0607_20130223005644.jpg
メルジ胴のニーゼは、上下サイズを若干延長調整してある。
今度はやりすぎないように。

手足の調整もいつも通り。
RIMG0604_20130223005651.jpg
何時ものレシピ

もうずいぶん前なんだけど、takiさんにお願いして、
セイバードッグのいわゆる「スツーカ型エンドプレート付燃タン」を送っていただいたんだけど。
それでやりたかったものがこれ
RIMG0598.jpg
ハイチ空軍がF-51を運用していて、パイロンを作り直し、この燃タンを装備運用していたらしい。
写真があって、ちょっとした改造カ所もあって、面白げだったんだわ。

複座の複操縦装置付きに改造されたり、どうやらキャバリエ社が改造した民間型みたいになってるらしい、とか。
結局わからんのだけど、とりあえず防弾鋼板は無いのはたしか。
RIMG0597_20130219200814.jpg
F-51の燃料タンクを切除して、ベースボードを作り直し、椅子を置いてやったり。

最近、余生モードなんでw
思い残すこと無いように作ってる感じw

奥はレベル。
RIMG0599_20130219200817.jpg
キャノピーをやんごとなき事情にて入れ替えている。
嘘。
後部キャノピーの透明度が低かったんで磨き直したんだが、思った通りに透明度が戻らなくて
嫌になってた。
キャノピー自体はたぶん、アカデミーのやつ。
別に良い形ってわけでもないんだが、とりあえず完成させたいから。
米式中国軍仕様の蒼天白日マークにしようかとおもって。

ナチュラルメタルじゃなくて、その上にOD塗ってハゲハゲになってるやつ。


それにしてもタミヤはすごいね。ホントにすごいわ。
物凄いキットだわ。うん。
すごいから、エルサルバドル空軍仕様F-51とか欲しくなるけど、それは当分、先送りでw

ニコンS800Cの超糞っぷりは、起動が糞おせえとか、100枚以上の画像を消し飛ばすとか、
情報系だけでなく、カメラとしての本務の性能の悪さ、糞っぷりがこうなんだ。
マクロモードでこれかよw
DSCN0944.jpg
モデラーが買うならリコー一択な。


それはともかく、ハセガワの旧ラームを二機も積んでるんだけど、
雪さんがあまりに楽しげにACES2をいじってるから、
あれ、どうやって工作してるんだろう、
から、積んであるラームをアフガンでCASってるF-15Eを作ったろうと、脳内で展開。
だが埒があかねえw

しょうがないから新F-15Eを買ってきたわけよ←もうこの辺でぐにょぐにょw
でも買ってきただけあるんだよw


DSCN0940.jpg
旧F部品のコンフォーマルタンクと、新J部品のコンフォーマルタンクとのこのクオリティの違いに愕然ですよ。
もう、部品請求するしかないだろw
DSCN0941.jpg
このJパーツ、だいたいのものがそろってるんだが、完璧じゃない。
とはいえ、長年よくわからなかった脚庫バルジの形態がやっとわかり
DSCN0942.jpg
パテってやることにした。
DSCN0943.jpg

もちろんすでに問題の主翼と、胴体上面との接着は終えていて、
整形のターンだw

っていうかF-15EがCASだよ。
えらい時代になったんだなあ、と。
実はSu25を修繕したりなんかしてて、A-10を引っ張り出してみたりしてて、
またデカールを貼ってないMQ-1とかもあったりして、
現在進行形でアフガン戦争やってる連中だった。
これは作らんといかん気がする。

アフガンのF-15Eを作るなら、湾岸のF-15Eも作っておきたいし。

あれ?画像の向きって変えられなかったっけ?
ニコンのデジカムが糞すぎてもういろいろと嫌になってるんだけどw

S800Cトラブル続出で、電話サポートもまったく役に立たず、二度目の送り返しだよ。

さて、
WF行ったら、久しぶりにパテ造形してもいいかな(したい、ではなくてw)
気持ちになったので、パテパテ。
DSCN0933.jpg
見ての通りPKA乗員。
こうして見ると普通かもしれないけど、
DSCN0937.jpg
実はメルジーネのパイロット。
メルジーネのパイロットは、小さすぎて1/20に見えないんだけどw
マスクがとってもよく出来ているので、使うことにしました。
マスクを生かして、頭部ヘッドを大きく見せるには、メットにパテ盛り

何がしたかったかっつーと、これ。
DSCN0934.jpg
何年も前にリンクさんだと思うけど、そのPKA情景にやられちゃった。
画像は、掘ればどっかに埋めてあるかもしれないけどw
見つからないし、見つけるつもりもない。

PKAの最末期生産型を、地上戦闘のみの増強キットを取り付けたというイメージ
サイドウィンドウはジェリーのものを削り合わせてぶっこんだ。だからクラッペつき。
グラスウィンドゥはたぶん軽量のカーボン装甲?かなにかに変えている。
ひさしは反射防止。トップにはニーゼの真似っこでセンサーバルジを追加。
主兵装は高速化されて命中精度が高くなったパンツァーシュレック。

WFでPINK TANKさんの搬送枠セットを二個買ったんで、当分、困らないw
DSCN0938.jpg
WFでは基本、買わない人だったんだけど、つい買っちゃったw

で、何がしたかったかというと、
PKA最終生産型で、地上戦キットを装備している、と。
これはPKA固有の欠点をフォローするキットで、
グラスキャノピーの装甲(補填)化
FCSの機能強化
武装の命中精度改善
あとは通信機能の改善のために、ポッド化された地上通信キットを装備させたい。

最後に、熱ステルスのために、排熱コンバータを取り付けるかどうかに迷っている。
というのも、排熱コンバータは、グスタフタイプのマウントでなければ役に立たないでしょう。
ほぼむき出しのエンジンケースでは意味が無いに等しいですしw
やるとしたら、排気管を下向きにするマイナー改修くらいじゃないかと。
重量バランス的に言ってかなり崩れているので、熱シールドの装着は行わないでしょうし。
うん、無しw 今決めたw

レーザマウンテッドサイトは廃止かなあ。
あとはハンドタイプグレネードランチャーをどう装備するか。

高速のパンツァーシュレックこそ、このPKAの必殺技。
あとはまだ装着していない無線機こそが、この機の使い勝手を根本的に改善するはず、はずねw

地上戦闘専任部隊にキットとPSが配布された、んでしょうw
その地上戦専任部隊は、当然グスタフ化され、グスタフはグッカー化され、
DSCN0939.jpg
やがてはグロフン化されてゆくんでしょう。
ハンドタイプレーザ発振器とか、そういうのも考えてはいるけど、
それを出すと「なんだグスタフが意味ないじゃん」とか言われそうでw
意味なくないですよ。レーザに対応したFCSとコントロールアームが無いと、その能力を生かせない。

だからAFS(S)スキンヘッドは、AFSアームを装着してたわけですからw
AFS(S)というのは、実に面白いアイテムで、PKAの限界は何か、を良く示している。
だから逆に、グスタフの仕様が良く見えて、非常に面白い。

精度の改善されたコントロールアームと、それを前提にしたレーザ。
レーザを前提にした強化シーカー
あとは間接視認システムの可否なんですよ。

僕のこのPKAは、それを逆に遡ってます。
レーザ以外の武装→シュレック
ゆえに精密コントロールアームは不要。
間接視認システムは無し。ただし無線機は改善して(形にはなってないけどw)空中支援、無人機とのリンクアップを可能にしている。

僕はそういう遊びが好きでマシーネンしてる。
久しぶりに思い出せて楽しかった。
無線機ポッドの形を考えよう。

ハセガワのMS406フィンランド。
DSCN0600.jpg
脚庫に楽に手を入れるアイデアを思い付いた、と思って幾星霜。
結局えらい手間で意味もなくw
だが終えてしまえば気分もいいw

フィン空ネタもこんだけ眠ってるw
DSCN0601.jpg
眠らせておく理由も特に無いんだよなw
この辺の戦間期戦闘機を運用してたっつーところのものの面白さが、
フィン空にはある。
とはいえ、そう長期だったわけでもなくて、適当なところでメルスになってるんだけど。
メルスもそういえば積んでた気がするw

ほいでAZのオースターなんだけど、機体後下方を削ってみたりした。
あとは主翼に真鍮打って、キャノピにメス穴あけて接着して、
DSCN0595.jpg
出来てみるとこんなにちっちぇーから片付くというw

ツイッターでメーガスさんとかKazuさんとかと話しつつ、
思い出したのがこれ。
DSCN0597.jpg
放置しっぱなしよん><

最近水性アクリル化を進めてるんだけど、だらーっとしてるときに、
ちゃっちゃと塗りに入れるところが大変すばらしい。
DSCN0591.jpg
また綺麗なつや消しになるから、行程を混在できるのね。
これはやってないけど、コピックかまして、パステル擦ってとか。

一方、それ向けじゃないもの。
DSCN0592.jpg

ラッキーさんが閉店しちゃったんだけど、
そのラッキーで手に入れたものがまだまだあって。
スツーカはたぶん、ヨドバシなんだけど、手前のAZモデルのオースターAOPはラッキーで買ったもの。
DSCN0593.jpg
スツーカはもうずいぶん前、ルーデル祭りの名残で放置してたもの。
いずれもマスキングフィルムでマスクしたところまで。
DSCN0594.jpg
同じ工程踏んで止まってる流星。
これもスウォードから新キットが出てるらしい。

旧キットメイクって、ガンプラ系のアレなんだろうけど、あえて旧キットのアイテムを作る、みたいな感じ。
これの旧キットづくりは実は面白かったw

DSCN0585.jpg
分厚くてたまんなく見える防楯も実はたった1.2㎜しかない。
タミヤ規格のままね。これのエッジを斜めにカットしてるから、分厚く見える。
今なら、内側に寄せて薄々にするんだろうけど、
そういうのが無い時代。
DSCN0590.jpg
DSCN0589.jpg
DSCN0587.jpg

そういう目でこのキットを見ると、実に試行錯誤というか、現代ではこうしてるけど、
当時はまだ手探りだったんだろうなあ、と思う。

で、方法論はすでにあるから、それを徹底してやってやるだけ。
1.2㎜でもエッジを0.3まで追い込めば、薄く見える。
だって、防楯を自作してディティールを追加してとか、割と悪夢w
ディティールはちゃんとあるんだから、それを利用すればいいんだし。

実はプロポーションというか、ちょっと調整してある。
砲の旋回軸を6㎜位前に開け直し、そこに取り付けられるよう脚も調整してある。
砲架側防楯も取り付けを3~4㎜カットして、旋回軸に近づけてある。
旋回軸を6㎜も前にしたのはやりすぎだったみたいw

そうやって作ってみると、実はよく出来ていたんだと思える。
僕がほしかったのは情景で、ノルマンディのソードビーチ、揚陸した第3歩兵師団の情景として欲しかった。
彼らの対戦車防御が、ドイツ軍第21装甲師団を阻止した。
第21装甲師団が突破出来たかと言われれば無理臭えとは思うんだけどさw

そのドラマに興味があって、模型をしている。それが達成できれば何でもいいw
僕はAFVについては単品にするつもりはないから、表現も存在も、目的から逆算して検討することになる。
実は飛行機も本当は同じスタンスで作ってるつもりなんだけどねw

で、目的のために満足する程度のつくりをしている。

旧キットって面白いよね、とかの前に、
買う目的、作る目的を見失っちゃってるなら、つまんない。



と、思ったらよー
ズベズダから、旧マックスの6ポンド砲が再販やてー
http://www.hobbyshop-sunny.co.jp/models/index.php?main_page=product_info&cPath=1&products_id=60573

この記事は書いたと思ったんだけど、書いてなかったのか。
13/18の71号車がこのカウルを装備しているのに気づいた。
carole.jpg
有名なこの写真、丹羽さんに、乗船前のものだと教えてもらって。
僕はフランスでの写真かと思ってたんだけど、背後の破損家屋は空襲によるものらしい。
DSCN0580.jpg
というわけで、工作したわけですよ。

これはタミヤの6ポンド砲
DSCN0585.jpg
すっげー古いキットで、さすがに防楯も分厚い。
削ってどうなるものでもないので、作り直してて。
なにしろどこのメーカーからも6ポンド砲は出てないから。
レジンキットはあるんだけどレジン価格で買うほどの思い入れは無いしw
工作は好きだから工作は構わないんだけどねw

更新情報

勝手に取得しております 申し訳ございません。

リンク

Pickup Link!(サムネイル付き)

るーぷあんてなのヒコーキ工場
BaseURL

RLM23 デリシャス☆白桃さん
BaseURL

只今調理中! もでりんぐ割烹タン
BaseURL

Garage Seven & Half Ver.B  あるばさん
BaseURL

吸血 北欧 砂漠 しょぼんぬさん
BaseURL

1/72 RAF & FAA KIT REVIEW Mk.III  AVRO牧師様
BaseURL

参成堂・明後日に向かって撃て!  参成堂さんのブログ
BaseURL

超音速備忘録 kala-pattarさん 失礼いたしました。
BaseURL

High Rate Climb JWさん
BaseURL

帰ってきたキタキツネの模型工作日誌
BaseURL

天気晴朗なれど 高○さん
BaseURL

Ebisulog.net ゑびすどんさん
BaseURL

航空機スクラップブック 大石さん
BaseURL

N_Style Nagaokaさんのサイト
BaseURL

ぷらも道 なかむらさんのサイト
BaseURL

S.Rod Blog 「Are you having a good time?」
BaseURL

taki箱 takiさんのサイト
BaseURL

ましーねんおじさんのいろいろ
BaseURL

KWATのほおむぺえじ一号一型
BaseURL

72・ワールド ぷらもおじさんさんのホームページ
BaseURL

なまこ日記(仮) ようちうたんお疲れ様です。
BaseURL

ジャーマンホビードラ
BaseURL

下北沢 サニー
BaseURL

ホビーハウス コンドー
BaseURL

ピンバイス
BaseURL

四谷仙波堂
BaseURL

ハイパーの新着
BaseURL

キヤホビー
BaseURL

MSモデル
BaseURL

サイマルラジオ
BaseURL

ブログロール
BaseURL

jetphotos.net
BaseURL

planepictures.net
BaseURL

タグクラウドとサーチ


最近の写真(アイコン風)

まとめプラグインv2

カテゴリ、をクリックしていただくと、 カテゴリが表示されます

01 | 2013/02 [GO]| 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

当たり前か><

ブログ成分分析

今一つ突き抜けないわけでの成分分析

真・最近のコメントV1.5

記事ナビ

  • 百烈貼り手 (08/14)
  • 塗装したことはどうやらうpしてたらしい。この後ちまちまと汚したり垂直尾翼を接着したりテイルコーンを接着したり、こまごましたことをしてたんだわ。で、デカール。いや
  • とにかく、書いておこう (08/02)
  • いやあ、ホントに間を置いてしまう。実際にはちまちまちまちま作ってるんだよ。どこまでうpしたっけ?このへん?実はここまで到達したのはじめて。っていうかこれまでアイ
  • ノットミッションコンプリート (07/16)
  • いやあ、SNSはやはり手軽だ。便利だとは言わないwいや、便利だと思うことは思う。SNSとスマホでウェブにうpする、っつーとこまではかなり楽なんだが、これを後日利用する
  • 曲がった性根のヒンジイズム (06/01)
  • 前回の続き。結構苦労してる。80年代末だっけ、90年代になってからだっけ、このキット。ともあれ、その時代っぽく、あわせで困惑していたり。機銃カバー部も微妙に幅が狭い
  • マジカルナンバー48 (05/29)
  • 思うところあって、トライマスター/ドラゴンの48の48の48のフォッケを作ってるんですよ。で、今までだったら試行錯誤を全部見せないではい、排気管作りました、とかうpし
  • 静岡を通り過ぎちゃったぜ。 (05/15)
  • うん。このブログをはじめて初めてだな。静岡前に記事を書かず、静岡に行って帰ってきたなんてwで、行ってきちゃったんだ。ことしもK2Cさんのお世話になりました。あと、@
  • 光陰矢のごとしいやん (04/18)
  • いやほんとに。例年なら、こんなフェイズは3月とかなんだが、もう四月も半ば過ぎ。というか、まだ静岡に行けるかどうかは決まってないw実際この辺りまでは、正月あたりで
  • 聞こうか敵情を (03/14)
  • 実はノモンハン事件をめぐる情勢に興味がある。だから92式重装甲車なんてものに狂喜したんだ。あれは第一次事件で東捜索隊が使用してた。だからファインがノモンハンと銘打
  • 馴染みの弧 (03/10)
  • ドーザーブレーがドの自作が馴染の工作になるとか、割と変わってるとは思う。もっとも、このブログを始める以前から、変わってないものなど求めてはいなかったけれどw&
  • 道は自ら押し開く。 (03/07)
  • 久々に工作。具体的なアイデアは今日、思いついたんだが、12/31の時点で目算があったからM51の工作を始めたわけで。行けるかどうかはわからないけれど、行く気を失ったわけ
  • 根詰めっぱなしもしんどいし (01/07)
  • もうずいぶん前、ひょっとしたら10年くらい前から、そのままだったイタレリHe111何にこだわってたかっていうと、ETCラックじゃなくて、PVCラックという魚雷を火薬射出する
  • 2016-2017年越しモデリング (12/31)
  • さて、今年も始めよう。この何年か、必ずAFV、それもアスカのシャーマンを作ってたんだが、塗り終えたあたりでいずれも止まっている。最終的には情景にしたいから、そして
  • 時の流れは矢のように速く (12/28)
  • 半年ぶりかな。まあ、一身上の都合が色々とあるもので。で、いや、いつもながらのローリングスタートで、これを本気でやるかどうかわからない。ただ32を作るとなると、リベ
  • 終わらぬ戦いは無い。 (06/19)
  • しかし、終わってしまうとたまらなく寂しく感じるものではある。勢いに乗って作り始めた地面一番苦労したのが、このコルクの固定というところがアレだ。しかし転んだなら石
  • もしもボックスなう (06/12)
  • もしもだよ?タミヤの新製品発表を見て、企画設計リサーチの人と話をして、あれが好き、これが出したい、でもそう簡単には行かないよね、なんてのを聞いて、さらに、その期
  • タミヤM10テストショット (05/29)
  • さて、あれから3週間。上げよう上げようと思いつつ、押され押されたタミヤのM10テストショットを製作体験会でいただいてきました。最初の画像がコレって、なんだろう? 砲
  • 月日は百代の旅人にしてフンダララ (05/25)
  • あれからもう2週間。静岡は一年の月日を経ねば行けないところにある。僕としてはその前後が超あわただしくて、まとめも糞もあったもんじゃなかったもんで、まあ、この為体
  • プリフライトチェック、ロスタイム (05/09)
  • 最後の週末のあと、月曜日はロスタイムだ。今週は忙しい。日曜のうちに搬送システムを構築しておいてよかった。デカールを貼って、キャノピのマスキングを取り、タッチアッ
  • 突き動かされ、歩きつづければ (05/08)
  • 目の前に、今こそ扉は開く。セダンの門、かなw模型ってのは、とにかく手を動かし続ければ、とにかくどこかへ向かって進んでゆく。それは手を掛けなければならないという強
  • 何も言わないでちょうだい、黙ってただ踊りましょう (05/07)
  • まだラストダンスではない。しかしまあ、とりあえずとはいえ、本当に完成するんだな。驚いちゃった。危急の翼、アルメデール1940 やっぱ自分テーマで作ると楽しい
ニー屋 腕時計 通販ショップ

C-Roll

Hilight_KW

検索ワードを黄色く表示します

なかのひと

パワードバイ「なかのひと」

なかのひと
なかのひと

RSSフィード

ブログ内検索

キター!

キター

plugin by F.B

CategoricTag

Yggdrasil

ネガティブな言葉

 

Presented by.球体関節寝子人形。

キョンの目覚まし時計

Page Selector

TOTAL Pages 1

最新記事スクロールで1行表示

タグ+カテゴリ クラウド

関連エントリーメーカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。