今一つ突き抜けないわけで

安いけど、安くは売らないよw

トゲトゲシンドローム

1日1課題シリーズ
はんだ付け:2005年静岡HSの逆襲Rimg0867.jpg


まあ、おいらは学生の時に電子やってたんで、
回路つくるのに半田ごて使ってました。
だからはんだ付け自体の敷居は低かったんですけどね。

なぜ今までやらなかったのかというと、
電気工作→フラックスを使わずにはんだ付け
真鍮工作→フラックスを使わないとはんだが流れない
の違いにちょっと戸惑っていたからです。


でも去年の静岡ホビーショー合同展示会イベントで、
watanabe's weblog

のwatanabeさんのはんだ付け実演を見て、チャンスをうかがって(w)いたんですね。

watanabeさんの実演のミソはいくつかあるのですが、
1:はんだは予め刻んでペレットにしたものを使う。
  ペレットの大きさは、1度に流し込むはんだの量くらい。
  やってみると判りますが、本当に少量です。
  おいらは1×1mmでも大きすぎました。

2:フラックスは、はんだを着ける部分だけに塗る。
  フラックスがついていないところにははんだは着かないので、
  安心してくださいね

2.5:(おいらには既知の教訓ですが)
    材料を良く熱すればするっとはんだは流れます。
    はんだを熱しすぎると、白く酸化して良くありません.
    はんだではなく材料を熱しましょう

3:ヤスリを巧く使おう
  はんだをつけすぎたら、ヤスリで削り落とせます。
  達人を目指すわけではないので、確実につけて、ヤスリで削ればいいじゃないですか。
  はんだだけでなく、真鍮材料もヤスリで巧く加工しましょう。

といったところでしょうか。
おいらはすでにはんだに慣れているので、
はんだの流れる瞬間を安心して待てますが、
慣れていない人にはわからないかもしれません。

この熱するための台が必要です。
おいらはバルサ材を使っています。
watanabeさんはレンガを推奨していたような気がします。

はんだは流れてしまえば丈夫です。
どれくらい丈夫かというと、0.4mmの真鍮線でつくったこれですが、
ニッパで切って、ダイヤモンドやすりでコバを仕上げても壊れないくらいです。

ただし、熱を加えている時の状態で固定されてしまいます。
どれだけ正確に固定しておけるか、
はんだ付けのコツは、そこにもあります。
だからおいらはバルサをつかっているのです( ̄ー ̄)

で、きちんと固定された真鍮材で、
接合する部分に、事前にフラックスを塗っておいたら、
先に刻んであったはんだを一切れ、
はんだの先にくっつけて、そして
はんだではなく、半田ごてを材料に当てて材料を良く熱するのです。

すると、はんだがつるっと流れて、
流れたところがきらきら銀色に輝きます。
それでおっけー!

フラックスは酸性なので、早めニ洗い流します。


いつかトライアングルの例会でやってみようかしらん?
ヘキサゴンさんに
「マッハちゃん、研究して俺に教えてよ。任せた」
とか言われてるんですよねw

で、Rimg0868.jpg

このマストですが、
マスト(主柱)部分は加工せず、
スプレッダー(横木)だけ、ダイヤモンドやすりで凹加工してあります。

そのため、スプレッダーがわずかに飛び出しています
が、あまり気にしていません。

Aフレームの横木もはんだ付けしましたが、
これは伸ばしランナーを瞬着であと付けしたほうが良かったでしょう。

メインマストとAフレームは、実際には固定されていません。
ここも瞬着で最後に固定するつもりです。

回れ回れメールシュトロノーム

1日1課題モデリングシリーズ、
ぶーんぶーんどぅどぅどぅなどしていて気づいたのですが、
A-36のスピナの寸法がおかしい。Rimg0864.jpg



Rimg0865.jpg

左から
コンドルのA‐36+アカデミーP-51Bのスピナトップ
真中はハセガワから自作したもの
右がアカデミーのP‐51A

画像ではそれほど感じられないかもしれませんが、
2mmくらい大きいっす。

原因はコンドルの元々のパーツが明らかにプロポーションと寸法を間違えていたこと。
そこにちょっと尖り気味のアカデミーP-51Bのスピナトップを合わせれば、そりゃー大きくもなりますがな。

とはいえ、ハセガワのP-51B/Cスピナも長すぎ尖りすぎの困り者
画像の真中は、それをドリルレースで修正したものです。

ドリル→穴あけ
レース→旋盤
つー意味で、鉄道模型業界ではそこそこ知られている単語のようです。
要するに、電動ドリルにパーツを銜えさせて、削るわけです。


ドリルですよ。

ドリル

プラモデラー的には変ですか?Rimg0866.jpg

でも、トルクがある、回転数が少ない(530rpm)って、プラ加工に最適だと思いません?

とゆーことで、ウィンウィンといやらしい音を響かせながら、
深深と銜えこまれたそれを濡らしたり、こすったり、(スポンジヤスリで)包み込んだり、次から次から出てくる白い(粉)のをふき取ったりしてたわけですよ、和尚様。(‐人‐)

いやぶっちゃけ、ルーターよりこの手の加工に向いてると思いますよ。

さて、どうしたものやら

気づくのが遅いのですが、WLのばあい上部構造物や、船体についている窓、扉を自分で工作しなければならない場合があるようです。

船体の窓はかなり多いし、ちょっと困ったなあ。
結構ずれちゃってるんですよね.Rimg0862.jpg

第一煙突の合いが悪かったので、がりがり削って合わせたあと
失われた冷却水管(?)モールドを伸ばしランナーから再生。

キットのままの第二煙突との差が目立ちます(><)
さて、どうしましょうか

こちらは後部構造物の窓と、ドアRimg0863.jpg

…うん…まあ…アレかな(><)

甲板にはリノリウム押さえモールドが無かったので、
取りあえず筋彫りだけはしました。
ここにも伸ばしランナーを貼ったほうが良いのかな?
艦船のことはまったく知らないので困ります。
スケールから考えれば、筋彫りで十分でしょうけど

しかし目が痛くなるような青です。ホント。

で、ちょびっといじったり

こんなんなりましたRimg0861.jpg

もとはこんな感じ             →Rimg0853.jpg

1.5mmくらい底上げ
別にこんな事がしたかったのではなくて、
これ
胴体下部のエアインテイクRimg0858.jpg

Rimg0859.jpg


こういう細かい比較ができるのは面白いのです。
P-51のみがこの解放機能を持っています。
A-36以降では廃止。

突然思い立って

アカデミー72P‐51AマスタングRimg0853.jpg


突然思い立って、ビルマ仕様のP-51 530thFS Jackie号にしてみようかとか何とか。

アカデミーのP-51Aはコックピット後部窓に偵察カメラを装備したタイプ
ビルマのP-51は、通常タイプ。
窓からちょっと見える黒いものがついている。
パーツはイタレリの不用パーツの当該部分。多分バッテリー
エッチングソーで切り出して、台座をつけて貼ってみたもの。
ちょっと低いかも。

でも今日はおしまい。



…(;‐Д‐)=3フウ

2号機、起動!

メーガスさん!ワンダさん!危ないよ、止めようよ、どうしてこんなことするんだよ!死んじゃうかも知れないんだよ!」

「…絆、だから」

「え?」

「モデラーの絆だから」
-----------------------------------------------
2号機、起動
-----------------------------------------------
Rimg0840.jpg


つーことで、わたしもはじめましたw
Rimg0841.jpg

彫ったところ、修正したところに捨て塗り。
Mr溶きパテが非常によろしいです。

いままで、表面処理って何がどこまで進んでいるのかわからなくて嫌だったのですが、今回は楽しかったですよ。
捨て塗りはどんな塗料が良いんでしょうねえ。
ラッカーだと薄塗りしたラッカーパテを溶かしそうだし、
エナメルだとサフにもMrカラーにもあとで負けそうで怖いです。
つーことで、だいたい終わった感じでしょうかRimg0842.jpg


と、思ったら主翼付け根の筋彫り忘れてたや(^_^;
-------------------------------------------------

支援側が飽きてどうするよ!ってことで、気分転換でWLに
世間の荒波を越えて進め!「綾波」!Rimg0843.jpg


本工作ではなく、当たりを取って様子を見ているのです。
Rimg0844.jpg


作戦自体は、Kazuさんのまんまパクリですが。


つーかですね、水祭りにエントリーしてる紫雲なんですがね、
取り下げようか、と悩んでいるんですよ。
「ベストを尽くす」という意味では、全然尽くせていないのをコンペに出してどうするよ、と思っているのです
--------------------------------------------------

で、巧くイメージが喚起されません。Rimg0845.jpg


船体の右側に立っている三角の紙は
魚雷が水面に突っ込んだときの水柱の位置。

イメージが巧く涌かないとどう作ったら良いか…
---------------------------------------

で、結局、A-36の水平尾翼に手をつけていたり。
ハセガワの水平尾翼を流用するつもりだったけれど、
別におかしくないのならコレ使えば良いか、と。
                           Rimg0847.jpg


原型は上手な人が作っていますが、金型がかなり荒れています。
動翼部分はわざとおとなしくしているようです。
で、可動部のところをちょっと深く掘りなおしましたが、
画像から見えやしませんねw
------------------------------------------------------
で、こうなっちゃうと格好良すぎRimg0848.jpg

しかし尾翼を固定するのは早いかな?
おいらは「士の字」の頃合がよくわかりません。
尾翼に「69」を塗装しなきゃ行けないし
-------------------------------------------
こんなものに15分以上かけてしまいましたRimg0849.jpg

方向探知アンテナです
Rimg0850.jpg


ビルマのマスタングにはほぼ必須ということで。
--------------------------------------
お疲れ様でした。
今日はここでおしまい♪

メラミンスポンジの使い方♪

は~いMach子で~すヽ(´ー`)ノ
今日は~デスマーチ更新中のメーガスさんのブログからパクってきました~(テヘ

お題はメラミンスポンジの番手で~す♪
-------------------------------------------

メラミンスポンジの番手は緩衝間隔により違いますが、あ2cmくらいの厚みだとペーパーの3000番相当。1cmくらいの厚みだと1500~2000くらいかなぁ。

ウレタンクリヤの研ぎ出しだと、セラミックコンパウンドでビカビカになりますよ。
ポリッシャー純正の1000番は厚み(緩衝間隔)がほとんど無いので3Mのスポンジやすりの800番相当ですよね。だから、私は使い古しの600番スポンジヤスリを貼り付けて粗々研磨してから厚めのメラミンスポンジで水つけながら研いでおります。

| magus | 2006/11/23 15:12 |

-------------------------------------------
厚みか、そうか、厚みだったのね!びし!Σm9`ー)

眼鏡を変えたら世界がくっきりw

眼鏡の度が合わなくなってきた…と思いこんでいたのですが、
実は眼鏡のプラスチックレンズがゆがんでいたという脅威の事実w

「度はほとんど変わってませんね。今検査した結果でお作りしますか?それとも昔の眼鏡と同じ度でつくりますか?」

という状態でした。
皆様、目には気をつけましょう


で、
駆逐艦 綾波Rimg0837.jpg


んだけどさー、ブランニューパーツが入っていたのは良いのだけれど、
綾波が搭載しているらしい13年式B砲塔が似てなくない?
だから、旧パーツ砲塔を仮載せしてますが。

それに小松崎先生のボックスアートと比べると、ブリッジの形が似てないような…

船は好きなのですが、わっかんないからなあ~
ってことで


え?アパッチ?
もちろんやってますよ。Rimg0838.jpg


消えかかった筋彫りをどうしようかと悩んでました。
そこで見つけたのは taki箱 
takiさんのこの記事

捨て塗りという行程を踏むと、傷や消えかけの筋彫りがはっきりするのだそうです。

さっそくやったらまあびっくり
典型的なのはこの辺
Rimg0839.jpg

なんでこんなに画像が暗いんだろう(><)
それはそれとして、加工のときにチョロったり、埋め損ねたり、ヤスリ傷やらが良くわかります。

というわけで、この行程は今後しっかり取り入れることにします。
僕はエナメルで塗っちゃったんだけど、大丈夫だよね…(・ω・`;)

コレは面白そうな…

これは面白そうな予感。

kowセンセのサイン会ってことは、kowセンセご降臨?

でも殴りこみって怖いですよ、Nagaokasさん!つーか飲み会っすか…
おいらは実は人見知りですw


で、
Rimg0833.jpg


静岡にはこんな風な状態で持ち込もうかな、と。
月面アキレスBの作業を援護する、月面アキレスA、実はただのファイアボール

ちょこまか塗ってあるのは、マジックで(><)
黒い二本線は、欺瞞塗装です。アキレスBの爆薬筒のフォールス・ペイントです。Rimg0832.jpg

後頭部も青く塗って、向きを偽装したりしています。

CDケースサイズの面積で、躍動的なビネットにしてみたいのです。

つーか俺、CDサイズと言うのなら、CDケースを敷いてryRimg0834.jpg


さらに後頭部というのなら、後頭部の画像を載せryRimg0835.jpg

更新情報

勝手に取得しております 申し訳ございません。

リンク

Pickup Link!(サムネイル付き)

るーぷあんてなのヒコーキ工場
BaseURL

RLM23 デリシャス☆白桃さん
BaseURL

只今調理中! もでりんぐ割烹タン
BaseURL

Garage Seven & Half Ver.B  あるばさん
BaseURL

吸血 北欧 砂漠 しょぼんぬさん
BaseURL

1/72 RAF & FAA KIT REVIEW Mk.III  AVRO牧師様
BaseURL

参成堂・明後日に向かって撃て!  参成堂さんのブログ
BaseURL

超音速備忘録 kala-pattarさん 失礼いたしました。
BaseURL

High Rate Climb JWさん
BaseURL

帰ってきたキタキツネの模型工作日誌
BaseURL

天気晴朗なれど 高○さん
BaseURL

Ebisulog.net ゑびすどんさん
BaseURL

航空機スクラップブック 大石さん
BaseURL

N_Style Nagaokaさんのサイト
BaseURL

ぷらも道 なかむらさんのサイト
BaseURL

S.Rod Blog 「Are you having a good time?」
BaseURL

taki箱 takiさんのサイト
BaseURL

ましーねんおじさんのいろいろ
BaseURL

KWATのほおむぺえじ一号一型
BaseURL

72・ワールド ぷらもおじさんさんのホームページ
BaseURL

なまこ日記(仮) ようちうたんお疲れ様です。
BaseURL

ジャーマンホビードラ
BaseURL

下北沢 サニー
BaseURL

ホビーハウス コンドー
BaseURL

ピンバイス
BaseURL

四谷仙波堂
BaseURL

ハイパーの新着
BaseURL

キヤホビー
BaseURL

MSモデル
BaseURL

サイマルラジオ
BaseURL

ブログロール
BaseURL

jetphotos.net
BaseURL

planepictures.net
BaseURL

タグクラウドとサーチ


最近の写真(アイコン風)

まとめプラグインv2

カテゴリ、をクリックしていただくと、 カテゴリが表示されます

10 | 2006/11 [GO]| 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

当たり前か><

ブログ成分分析

今一つ突き抜けないわけでの成分分析

真・最近のコメントV1.5

記事ナビ

  • 百烈貼り手 (08/14)
  • 塗装したことはどうやらうpしてたらしい。この後ちまちまと汚したり垂直尾翼を接着したりテイルコーンを接着したり、こまごましたことをしてたんだわ。で、デカール。いや
  • とにかく、書いておこう (08/02)
  • いやあ、ホントに間を置いてしまう。実際にはちまちまちまちま作ってるんだよ。どこまでうpしたっけ?このへん?実はここまで到達したのはじめて。っていうかこれまでアイ
  • ノットミッションコンプリート (07/16)
  • いやあ、SNSはやはり手軽だ。便利だとは言わないwいや、便利だと思うことは思う。SNSとスマホでウェブにうpする、っつーとこまではかなり楽なんだが、これを後日利用する
  • 曲がった性根のヒンジイズム (06/01)
  • 前回の続き。結構苦労してる。80年代末だっけ、90年代になってからだっけ、このキット。ともあれ、その時代っぽく、あわせで困惑していたり。機銃カバー部も微妙に幅が狭い
  • マジカルナンバー48 (05/29)
  • 思うところあって、トライマスター/ドラゴンの48の48の48のフォッケを作ってるんですよ。で、今までだったら試行錯誤を全部見せないではい、排気管作りました、とかうpし
  • 静岡を通り過ぎちゃったぜ。 (05/15)
  • うん。このブログをはじめて初めてだな。静岡前に記事を書かず、静岡に行って帰ってきたなんてwで、行ってきちゃったんだ。ことしもK2Cさんのお世話になりました。あと、@
  • 光陰矢のごとしいやん (04/18)
  • いやほんとに。例年なら、こんなフェイズは3月とかなんだが、もう四月も半ば過ぎ。というか、まだ静岡に行けるかどうかは決まってないw実際この辺りまでは、正月あたりで
  • 聞こうか敵情を (03/14)
  • 実はノモンハン事件をめぐる情勢に興味がある。だから92式重装甲車なんてものに狂喜したんだ。あれは第一次事件で東捜索隊が使用してた。だからファインがノモンハンと銘打
  • 馴染みの弧 (03/10)
  • ドーザーブレーがドの自作が馴染の工作になるとか、割と変わってるとは思う。もっとも、このブログを始める以前から、変わってないものなど求めてはいなかったけれどw&
  • 道は自ら押し開く。 (03/07)
  • 久々に工作。具体的なアイデアは今日、思いついたんだが、12/31の時点で目算があったからM51の工作を始めたわけで。行けるかどうかはわからないけれど、行く気を失ったわけ
  • 根詰めっぱなしもしんどいし (01/07)
  • もうずいぶん前、ひょっとしたら10年くらい前から、そのままだったイタレリHe111何にこだわってたかっていうと、ETCラックじゃなくて、PVCラックという魚雷を火薬射出する
  • 2016-2017年越しモデリング (12/31)
  • さて、今年も始めよう。この何年か、必ずAFV、それもアスカのシャーマンを作ってたんだが、塗り終えたあたりでいずれも止まっている。最終的には情景にしたいから、そして
  • 時の流れは矢のように速く (12/28)
  • 半年ぶりかな。まあ、一身上の都合が色々とあるもので。で、いや、いつもながらのローリングスタートで、これを本気でやるかどうかわからない。ただ32を作るとなると、リベ
  • 終わらぬ戦いは無い。 (06/19)
  • しかし、終わってしまうとたまらなく寂しく感じるものではある。勢いに乗って作り始めた地面一番苦労したのが、このコルクの固定というところがアレだ。しかし転んだなら石
  • もしもボックスなう (06/12)
  • もしもだよ?タミヤの新製品発表を見て、企画設計リサーチの人と話をして、あれが好き、これが出したい、でもそう簡単には行かないよね、なんてのを聞いて、さらに、その期
  • タミヤM10テストショット (05/29)
  • さて、あれから3週間。上げよう上げようと思いつつ、押され押されたタミヤのM10テストショットを製作体験会でいただいてきました。最初の画像がコレって、なんだろう? 砲
  • 月日は百代の旅人にしてフンダララ (05/25)
  • あれからもう2週間。静岡は一年の月日を経ねば行けないところにある。僕としてはその前後が超あわただしくて、まとめも糞もあったもんじゃなかったもんで、まあ、この為体
  • プリフライトチェック、ロスタイム (05/09)
  • 最後の週末のあと、月曜日はロスタイムだ。今週は忙しい。日曜のうちに搬送システムを構築しておいてよかった。デカールを貼って、キャノピのマスキングを取り、タッチアッ
  • 突き動かされ、歩きつづければ (05/08)
  • 目の前に、今こそ扉は開く。セダンの門、かなw模型ってのは、とにかく手を動かし続ければ、とにかくどこかへ向かって進んでゆく。それは手を掛けなければならないという強
  • 何も言わないでちょうだい、黙ってただ踊りましょう (05/07)
  • まだラストダンスではない。しかしまあ、とりあえずとはいえ、本当に完成するんだな。驚いちゃった。危急の翼、アルメデール1940 やっぱ自分テーマで作ると楽しい
ニー屋 腕時計 通販ショップ

C-Roll

Hilight_KW

検索ワードを黄色く表示します

なかのひと

パワードバイ「なかのひと」

なかのひと
なかのひと

RSSフィード

ブログ内検索

キター!

キター

plugin by F.B

CategoricTag

Yggdrasil

ネガティブな言葉

 

Presented by.球体関節寝子人形。

キョンの目覚まし時計

Page Selector

TOTAL Pages 3

最新記事スクロールで1行表示

タグ+カテゴリ クラウド

関連エントリーメーカー