今一つ突き抜けないわけで

安いけど、安くは売らないよw

ユニオンフラッグ+追加

本当はハリケーンのコードレターをやるところなんですが、
上手い解決が浮かばないので、こんなの
RIMG000222.jpg

イングランド中尉機は、撃墜マークをこんな風に書いていたわけですが
実際にはもうちょっと小さかったとか、
9個目のところは将来の書き込みを想定して白地になっていたとか。

ピットロードの撃墜マークデカールをちまちま切って貼ったのですが、
糊が弱くて困りました。
あとは、排気管の下にジャッキーと、嫁の名を書き入れねば。

---------------------------------

で、書いてみたのがこれ。
RIMG000224.jpg


撃墜マークの最後の一枚が、ちびっとずれてるなあ><

ゴーゴースパート

ジャッキー号の機番とシリアルナンバーを記入RIMG000168.jpg


機番のほうは普通にマスクを作ってエアブラシ。
シリアルは上下にガイドテープを貼ってエナメルで筆書き

ジャッキー号だけあって、ジャッキーの文字が機首左側面にあり、
撃墜マークが左側面ウインドシールド下にあります。
それらは明日以降にしましょう。

撃墜マークはピットロードが出しているデカールにしようかな、と。



かっこいいので三機並べてみました。
RIMG000170.jpg


微妙に色が違うのは、色違いを強調したからでもあります。

逆塗り+塗ってみた+3機集めてみた

GX白の隠蔽力が非常に高いことから逆に、白を後から塗るやりかたもあろう、と思ったのがきっかけ。

青が青すぎ?RIMG000149.jpg

A-36より青くしてみようと思ったんだけど、青すぎかな?

で、寄り目を修整してから、白の星マークとストライプを入れてみようと思っています。

スピナーはイエロー、

尾翼には白で75の機番号、
そして胴体には黒でシリアルを吹きなおしてある、
これらはナスカ式マスキングでやるつもりです。

明日は例会。
がんばればある程度塗り終えて持ち込めるかもだ。

----------------------
そして塗ってみた。

・・・うむ、ずれている気がするRIMG000150.jpg

まあいいやw

-------------------------
乾燥待ちのあいだに3機ならべてみた。
P-51はそれほど好きじゃなかったけれどRIMG000151.jpg

三者三様で並ぶとそれはそれでかっこいいなあ。

めっさ眠いわ

展示会向けのレジュメ?つーのかしら?
解説文を作っていたわけですよ。

それが昨日のアレだったわけですが、
アレを書いていて思ったわけですよ。
あと一機、P-51があれば、ビルマ戦のP-51をずいぶん網羅したことになるぞ、と。

あー、これ昨日も書いたっけ?
眠いわけですよ。
とゆーのもですね、わたしは果てしない作業でも割と平気なんですよ。
だから、だらだらやっちゃう。

早作りもテクのうち、とはプラモおじさんさんの名言なわけですが
わたしもちょっくら、ちゃっちゃとやってみようと思ったわけですよ


いつもだらだらやってることを、ちゃっちゃとやってみよう、と。
別に何が変わったわけじゃないですけど
RIMG000145.jpg


うん、
いつもと代わりなくだらだらやってるってことで。

今日のエントリーは何を書きたかったのやらw

ペーパーツール

車をいじるにはペーパーツールが必須だ。

と、偉いエゲレス人が言ったとか言わないとか。
ツールだけでなく、紙に書かれたその車種のためのアレやらコレやらが無いと、
まともな調整はできんよ、という意味だとか違うとか。

模型で言うとインスト?


はともかく
わたしは自分のコレクションの為に模型をしてるわけですが、
ただ集めるわけじゃありません。
わたしの脳内のある基準に合わせて、集めているわけです。
あんまりマニアックでわけがわからんだろうな、と思うわけですが。

とゆーのも、あの濃密な趣味空間のトライアングルでも、
あの特濃な静岡でも、
戦史の上に乗っかった模型飛行機の話なんか滅多にしないわけです。

で、自分で自分フォローしてみるわけです。
---------------------------------------

ビルマ航空戦の終わりの始まり

ビルマ航空戦それまで
日本にとってのビルマ戦線の意義は、
対中国援助ルートの封鎖でした。
ビルマ平原を占領することで、ビルマを横切るレド公路を封鎖、
中国雲南省へ輸送されるルートを遮断することです。

昭和16年末の開戦以後、
日本軍はビルマ平原の掌握に成功し、
連合軍は、ビルマ西方のアラカン山脈以西に撤退しました。

日本陸軍航空隊は、インドシナ/タイ西部から
連合軍航空部隊に対して攻撃し、
地上軍の進撃にともなって、ラングーンまで進出しました。
そして、アラカン山脈以西、英領インドに撤退した連合軍との
航空戦を展開します。

連合軍がアラカン山脈以西ニ撤退したことで、
対中援助ルート援蒋ルートは、航空輸送を伴う効率の悪いものになりました。
山脈越えの困難なルートは「ハンプ越え」と呼ばれました。
日本陸軍航空隊は積極的にこれを妨害。
戦闘機で連合軍輸送機を「辻斬り」してゆきました。


昭和18年以降~ 連合軍の反撃

連合軍は航空輸送路の安全を確保するために、
輸送路の安全確保策と、日本陸軍航空隊への打撃の
両面航空作戦を構想します。

いずれも旧来の連合軍機では実施できない遠距離作戦のため、
新型機が二つの部隊とともに到着します。

一つは第一航空特別任務部隊 1stACG
もう一つは第530戦闘爆撃飛行隊 530thFBS

いずれも遠距離進出能力を持つ新型機P―51を持つ精鋭部隊でした。
----------------------------

我ながらなかなかの惹句w
ここまで書いて気づいたんですが、530FBSのP-51なんか完成してないわけですw
作ってないといえば嘘になりますがw

アカデミーP-51A改造P-51RIMG000143.jpg


で、このブログはインストじゃないけど、ペーパーツールみたいに使おうと思っていたわけですよ。
たとえばこんな風に自分が気になって定番改造箇所にしようと思っているところを記録しておくみたいな。
RIMG000144.jpg

主翼前縁付け根下側は、胴体と面一のほうがいいと思うわけです。
機首下面も、たるんとしたラインがあると思います。

ここには写してませんが、フィレット後部もえぐれすぎてると思います。
そして機首上面のエアインテイク平面型をなおすわけです。
胴体後部の断面ラインも肩が張りすぎているともいます。

すでに修整してありますが、主翼の筋彫りも違います。
ライトもおかしいので直します。
機銃を.50口径ニ門にするので、ここもいじります。


塗装は米軍標準のOD/NG
国籍マークは紺フチつき。
スピナーは黄色
尾翼に白で、75の識別ナンバー
シリアルナンバーは胴体側面に黒でスプレーしなおされています。
機首には白でイングランド中尉の細君のお名前ジャッキー
これはネットで拾った同部隊別パイロット機
p51a-530fs.jpg

うん、来月に間に合わないなwww

ブログの混乱

何故ブログをしてるかというと、無視してる相手にあてこするためでもなく、
いつもどおり頓珍漢なことをしているというだけでもなく、
自分で作ったものの参考記録をしておこうと言うもの。

そうでもなければ、告知なしではじめたりしないのですがそれはともかく、

過去のブログ内容と画像が食い違ってしまっているのが痛恨。
一度HDDがクラッシュしたことがあり、そのときにPC側に蓄積していた画像データも飛んでしまい、
復旧後に蓄積し始めた画像データと、画像ナンバーが重複してしまったのが原因。

と、一応気づいたことを書いておかねば。
-----------------------------
で、イタレリP-51 1ACGコクラン大佐機
微妙に尾翼ラインを修整。RIMG000137.jpg


もうちょっとで完成。

-----------------------------

そして例によって衝動で模型をはじめてとっ散らかる頓珍漢君たるわたし。
でもお手つきしたのはずいぶん前。
530FBS 75号機ジャッキー号を狙ってRIMG000136.jpg

裏返っているのは、ラジエター部分をいじって遊んでいるため。
P-51Aまではラジエター空気取り入れ口が開くようになっています。

主翼前縁付け根部分の黒いところは、えぐれておかしい部分。
ここは埋めた上で、主翼上側のラインをちょっといじったほうが似る気がします。

で、あれ?と思った筋彫り。
ハセガワP-51Bと比較。RIMG000135.jpg

筋彫りが全然違うですね。

ライトの位置も違います。
どうやら、英軍のマスタングⅠが両翼にライト
米軍のP-51/P-51Aは左翼にライトの模様。
530FBSは当然米軍なので左翼のみのはず。

もう一つ、アカデミーのキットはP-51A,すなわち20mm砲4門装備型で
わたしが作ろうと師弟530FBS機はP-51(たぶん後期型)
主翼に.50口径銃4門装備型で、主翼薬莢排出孔の位置が違っています。
これはアカデミーの責任じゃないですが

あとは機首下面のラインをエポパテで好みにして、
機首上面エアインテイクバルジ平面系を涙滴型に直し、
胴体後部の筋彫りを若干修整すればよし。



これ以外にすでに主翼上面の筋彫りを修整し、主翼後縁を薄々してあるし、
上手く気合が入れば、展示会に間に合う…かな?

たぶん間に合わないw

530FBSはその航続力を生かしてB24の護衛を行ったりしていますんで、
増加燃料タンク装備が必須でしょう。

------------------------
530FBSの燃料タンクのみ
1ACG機の燃料タンク+ロケットチューブ
529FBSのダイブブレーキと爆弾

ビルマ航空戦の終わりの始まりを飾ったP-51を並べたらさぞかっこいいでしょう。

530FBS機の隣には飛行87戦隊機の二式単戦
1ACG機の隣には飛行50戦隊機の1式戦Ⅱ型を並べると、これまたライバルとなって非常によろしいと思われるのです。

午前零時・・・でも吹ききりたいなあ。

イタレリP-51 1ACGコクラン大佐機、尾翼のストライプの色を間違えていたのですが、
修整吹き
RIMG000129.jpg

オリーブドラブ地にいきなり吹いてこの白さ。

GX白はガチです。

これにマスキングしてODを吹いてストライプを再現の予定
OD吹きたいなあ…
----------------------
とゆーことでこう。
RIMG000130.jpg

ちょっとよれたな。

こっちはいい感じ。RIMG000131.jpg


あとは折れてしまったマストと、尾輪格納扉をつければおっけー

あとちょっとで一年ぶりの完成w

--------------------------
ピンボケっぷりがあまりにひどいので撮り直し。
つーか眠いんだやっぱりwRIMG000132.jpg
RIMG000133.jpg

ビルマのP‐51はここにまとめることにしますた。

過去に同じキットを作ったのなら、後で参照したい…
と、思っていたのですが、
いざアカデミーのP‐51を作り始めると、記事があまり見つからない。
アホですねえ、俺。

で、アカデミーを作った時にいじったところ、特に主翼幅、筋彫りについて画像を貼っておこう、と
Rimg0870.jpg


要するに翼端の丸みを増して、
筋彫りを直したわけです。このようにね。

直したのに画像に撮り忘れていますが、
胴体側面の筋彫りもおかしいところがあります。
機首は上面エアインテイクの平面型がおかしいです。
機首下面形状は好き好きで。

おいらは垂れているほうがそれらしいと思います。

プロペラもちょっとおかしいという話もあります。
直径もP‐51とP‐51Aでは8cmばかり違うそうです

My P-51A 

This is for the friend in Hungary.

My P-51A(ITALERI)

Rimg0258.jpg
Rimg0257.jpg
Rimg0256.jpg

Rimg0254.jpg
Rimg0209.jpg
Rimg0207.jpg
Rimg0206.jpg


P-51 in RAF MUSTANG1(ACADEMY)
Rimg0119.jpg
Rimg0193.jpg
Rimg0065.jpg
Rimg0124.jpg


And by My friend (ACADEMY)
Cimg0016.jpg

プチ完成(なにその微妙な表現)

木曜夜の忘年会に持ち込むには、今夜が最後の作業時間…

んでRimg0254.jpg

こんな観じRimg0257.jpg

まで持ち込みましたRimg0256.jpg

本当はロケットチューブとか、
もう少し…
Rimg0258.jpg


間違ってしまった垂直尾翼のラインを3本に修正、
主翼のスターマークをタッチアップ
あとはプロペラ塗りで力尽きましたよ
(i!i+д+)y━・~~

ところで、大掃除前に片付けようと思って、あれこれやっていたら
A3Dをいれた箱を落としてしまって、壊しちゃった…

(´д`i!i)難しい塗装…。

難しい塗装ですた。
おいらの実力を上回るくらいに。
まだプロペラの塗装が終わっていないのですが、明日はぜひニフティの展示会に出掛けて、
TOM先生の作品を直見しようと思っているので、ここでおしまい…
日曜の例会に間に合うか…

尾翼のストライプ塗装中に、また剥がしてしまい、ストライプの色味が大分変わってしまって…。
(つдT)Rimg0215.jpg

寒い…臭い…

とにかく18日の例会にもって行こうと思ったわけで、何とか塗り。
国籍マークとか。Rimg0213.jpg

ちょっとずれてしまったのですけどね。

小物をちびちび塗ったりなんかして…

疲れた…

だから、画像うpだけ…Rimg0210.jpg

Rimg0211.jpg


若干加筆訂正で。

ACFの識別塗装、もっとも大事なところですた。
昨日の数字の上に、ストライプを吹いて、
ストライプの上から、さらにスターマークを吹いたわけです。

それが最後の星を吹いたとき、ミスを二つばかりしてしまいまして、
仕上がりが汚くなって、鬱死寸前。

つうことで、
 精 
  神
   衛
    生
     上の理由で(^^;
ウェザリングを早めにやり終えてます。

~(゚∀゚~) や~っちまいましたよ~ (~゚∀゚)~

手書き♪

この状態だったものがRimg0204.jpg

         ↓
こうしてRimg0205.jpg

    ↓
次にディジタルの8の字を作るわけでRimg0206.jpg

                ↓
太くなっちまいましたがRimg0207.jpg

          ↓
気にせず。Rimg0209.jpg


で、明日は、この上からストライプをマスキングするわけですよ。
やっちまいましたよ、カポウタン。
手書きですよ。

なかなか進展せず。

こんな状態に進めたのですが、
Rimg0202.jpg


失敗…Rimg0203.jpg


もう寝よう…(。゚´Дと)



 、
  思
   っ
    た
   の
  で
 す
Rimg0204.jpg


ここまでやりますた。
明日はオリーブドラブだ。

一歩進んで十歩下がるヾ(#`д´)ノ

ビルマ仕様のP-51Aなのですが、展示会前はこの状態でした。
真ん中奥Rimg0127.jpg


それが今ではこの調子…
Rimg0200.jpg


機体後部は塗装を剥がしたのですが、
主翼と機首は、剥がれたので剥がしました…

マスキングバリバリして、シリアルナンバーを塗ってやる計画だったのに…
(つД`゚)。

経験的には、薄く吹きすぎると剥がれやすいようです。
が、それだけが理由なのか…

ということで、さくっと塗って完成させる計画はおじゃん…

塗りなおしてみるテスツ。

フリーハンド塗装では、上手く塗れなかったので、モホークの主翼だけは塗りなおし。
Rimg0116.jpg


右が塗りなおしたモホーク、中央がマスタングⅠ左がトマホーク。
Rimg0117.jpg


嫌いな作業

おいらは、世間のエアモデラー諸氏がこだわるコックピットに、
ぜんぜんこだわりません。
っていうか、避けて通れるなら通りすぎたいくらい。
アンチグレアとかヘッドレストとか防弾版とかも避けて通れれば避けて通りたいくらい…

んでもシートとシートベルトなど。
Rimg0087.jpg

るーぷタンの話を聞くまで、シートベルトなんて作るつもりも無かったのですが。

はじめは、パール総統ご推薦の極薄板オモリを使ったのですが、
おいらが入手できたのは0.2mm
柔らかいのは良いのですが、今一つ厚い気がして、
それ以上に、鉛というモノ自体が何となく中毒を思わせて、断念。

あんぐらさんご推薦のナメクジ避けの銅板0.1mmをつかいますた。
鉛より硬くて、弾性があるのが問題ですが、薄々でヨシ。

焼きなましすれば、もっと柔らかくなるかな。

壊しただけでした…

こちらは、イタレリのP-51A
ビルマ仕様を狙ってる奴で。

真鍮パイプを埋めこんで機銃を作ってたんですけどね、
Rimg0084.jpg

翼の中に入れちゃったり、固定がうまく行かなかったりして、
結局パネルを翼からはずして、固定するようなことをしてしまいました。
要するに、壊しただけ…

レベルのB型と比べると、間隔が狭いのですが、手元の資料から見ると、こっちのほうが良いと思うのです。
あと、やたらに運河堀だったフラップの筋彫りを一部埋めてみたり。

ついでなので、左イタレリ、右アカデミーで比較。
Rimg0085.jpg

久しぶりのこまごまと

ビルマじゃなくてマスタングⅠのほうですが。
Rimg0083.jpg

アカデミーのP-51Aは出来がよろしいのですが、主翼の筋彫りがどうも変な気がします。
つうことで、ちょびっとだけ直して、省略されているヒンジカバーを追加したり。
Rimg0082.jpg

こまごまと筋彫りしたり。

更新情報

勝手に取得しております 申し訳ございません。

リンク

Pickup Link!(サムネイル付き)

るーぷあんてなのヒコーキ工場
BaseURL

RLM23 デリシャス☆白桃さん
BaseURL

只今調理中! もでりんぐ割烹タン
BaseURL

Garage Seven & Half Ver.B  あるばさん
BaseURL

吸血 北欧 砂漠 しょぼんぬさん
BaseURL

1/72 RAF & FAA KIT REVIEW Mk.III  AVRO牧師様
BaseURL

参成堂・明後日に向かって撃て!  参成堂さんのブログ
BaseURL

超音速備忘録 kala-pattarさん 失礼いたしました。
BaseURL

High Rate Climb JWさん
BaseURL

帰ってきたキタキツネの模型工作日誌
BaseURL

天気晴朗なれど 高○さん
BaseURL

Ebisulog.net ゑびすどんさん
BaseURL

航空機スクラップブック 大石さん
BaseURL

N_Style Nagaokaさんのサイト
BaseURL

ぷらも道 なかむらさんのサイト
BaseURL

S.Rod Blog 「Are you having a good time?」
BaseURL

taki箱 takiさんのサイト
BaseURL

ましーねんおじさんのいろいろ
BaseURL

KWATのほおむぺえじ一号一型
BaseURL

72・ワールド ぷらもおじさんさんのホームページ
BaseURL

なまこ日記(仮) ようちうたんお疲れ様です。
BaseURL

ジャーマンホビードラ
BaseURL

下北沢 サニー
BaseURL

ホビーハウス コンドー
BaseURL

ピンバイス
BaseURL

四谷仙波堂
BaseURL

ハイパーの新着
BaseURL

キヤホビー
BaseURL

MSモデル
BaseURL

サイマルラジオ
BaseURL

ブログロール
BaseURL

jetphotos.net
BaseURL

planepictures.net
BaseURL

タグクラウドとサーチ


最近の写真(アイコン風)

まとめプラグインv2

カテゴリ、をクリックしていただくと、 カテゴリが表示されます

07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

当たり前か><

ブログ成分分析

今一つ突き抜けないわけでの成分分析

真・最近のコメントV1.5

記事ナビ

  • 百烈貼り手 (08/14)
  • 塗装したことはどうやらうpしてたらしい。この後ちまちまと汚したり垂直尾翼を接着したりテイルコーンを接着したり、こまごましたことをしてたんだわ。で、デカール。いや
  • とにかく、書いておこう (08/02)
  • いやあ、ホントに間を置いてしまう。実際にはちまちまちまちま作ってるんだよ。どこまでうpしたっけ?このへん?実はここまで到達したのはじめて。っていうかこれまでアイ
  • ノットミッションコンプリート (07/16)
  • いやあ、SNSはやはり手軽だ。便利だとは言わないwいや、便利だと思うことは思う。SNSとスマホでウェブにうpする、っつーとこまではかなり楽なんだが、これを後日利用する
  • 曲がった性根のヒンジイズム (06/01)
  • 前回の続き。結構苦労してる。80年代末だっけ、90年代になってからだっけ、このキット。ともあれ、その時代っぽく、あわせで困惑していたり。機銃カバー部も微妙に幅が狭い
  • マジカルナンバー48 (05/29)
  • 思うところあって、トライマスター/ドラゴンの48の48の48のフォッケを作ってるんですよ。で、今までだったら試行錯誤を全部見せないではい、排気管作りました、とかうpし
  • 静岡を通り過ぎちゃったぜ。 (05/15)
  • うん。このブログをはじめて初めてだな。静岡前に記事を書かず、静岡に行って帰ってきたなんてwで、行ってきちゃったんだ。ことしもK2Cさんのお世話になりました。あと、@
  • 光陰矢のごとしいやん (04/18)
  • いやほんとに。例年なら、こんなフェイズは3月とかなんだが、もう四月も半ば過ぎ。というか、まだ静岡に行けるかどうかは決まってないw実際この辺りまでは、正月あたりで
  • 聞こうか敵情を (03/14)
  • 実はノモンハン事件をめぐる情勢に興味がある。だから92式重装甲車なんてものに狂喜したんだ。あれは第一次事件で東捜索隊が使用してた。だからファインがノモンハンと銘打
  • 馴染みの弧 (03/10)
  • ドーザーブレーがドの自作が馴染の工作になるとか、割と変わってるとは思う。もっとも、このブログを始める以前から、変わってないものなど求めてはいなかったけれどw&
  • 道は自ら押し開く。 (03/07)
  • 久々に工作。具体的なアイデアは今日、思いついたんだが、12/31の時点で目算があったからM51の工作を始めたわけで。行けるかどうかはわからないけれど、行く気を失ったわけ
  • 根詰めっぱなしもしんどいし (01/07)
  • もうずいぶん前、ひょっとしたら10年くらい前から、そのままだったイタレリHe111何にこだわってたかっていうと、ETCラックじゃなくて、PVCラックという魚雷を火薬射出する
  • 2016-2017年越しモデリング (12/31)
  • さて、今年も始めよう。この何年か、必ずAFV、それもアスカのシャーマンを作ってたんだが、塗り終えたあたりでいずれも止まっている。最終的には情景にしたいから、そして
  • 時の流れは矢のように速く (12/28)
  • 半年ぶりかな。まあ、一身上の都合が色々とあるもので。で、いや、いつもながらのローリングスタートで、これを本気でやるかどうかわからない。ただ32を作るとなると、リベ
  • 終わらぬ戦いは無い。 (06/19)
  • しかし、終わってしまうとたまらなく寂しく感じるものではある。勢いに乗って作り始めた地面一番苦労したのが、このコルクの固定というところがアレだ。しかし転んだなら石
  • もしもボックスなう (06/12)
  • もしもだよ?タミヤの新製品発表を見て、企画設計リサーチの人と話をして、あれが好き、これが出したい、でもそう簡単には行かないよね、なんてのを聞いて、さらに、その期
  • タミヤM10テストショット (05/29)
  • さて、あれから3週間。上げよう上げようと思いつつ、押され押されたタミヤのM10テストショットを製作体験会でいただいてきました。最初の画像がコレって、なんだろう? 砲
  • 月日は百代の旅人にしてフンダララ (05/25)
  • あれからもう2週間。静岡は一年の月日を経ねば行けないところにある。僕としてはその前後が超あわただしくて、まとめも糞もあったもんじゃなかったもんで、まあ、この為体
  • プリフライトチェック、ロスタイム (05/09)
  • 最後の週末のあと、月曜日はロスタイムだ。今週は忙しい。日曜のうちに搬送システムを構築しておいてよかった。デカールを貼って、キャノピのマスキングを取り、タッチアッ
  • 突き動かされ、歩きつづければ (05/08)
  • 目の前に、今こそ扉は開く。セダンの門、かなw模型ってのは、とにかく手を動かし続ければ、とにかくどこかへ向かって進んでゆく。それは手を掛けなければならないという強
  • 何も言わないでちょうだい、黙ってただ踊りましょう (05/07)
  • まだラストダンスではない。しかしまあ、とりあえずとはいえ、本当に完成するんだな。驚いちゃった。危急の翼、アルメデール1940 やっぱ自分テーマで作ると楽しい
ニー屋 腕時計 通販ショップ

C-Roll

Hilight_KW

検索ワードを黄色く表示します

なかのひと

パワードバイ「なかのひと」

なかのひと
なかのひと

RSSフィード

ブログ内検索

キター!

キター

plugin by F.B

CategoricTag

Yggdrasil

ネガティブな言葉

 

Presented by.球体関節寝子人形。

キョンの目覚まし時計

Page Selector

TOTAL Pages 2

最新記事スクロールで1行表示

タグ+カテゴリ クラウド

関連エントリーメーカー